この記事の所要時間: 830

wordpress3.5のバージョンアップについてwordpress3.5へアップグレードを施しました。今回はそれに対する報告と、季節物プラグインを1つ紹介です。

–スポンサーリンク–

wordpress3.5について

wordpress3.5へアップグレードして何が変わったのか?という点に関しては、他の沢山のサイトで紹介されていますので、そちらでご確認ください。
>>wordpress3.5検索結果
特に画像のアップロードや機能性向上が際立っています。

–スポンサーリンク–

wordpres3.5にしてからの不具合について

wordpress3.5は、ベータ版なのですね。
しかも、出たばかりなのでプラグインの対応が間に合っていないこともあります。

そこで、当方ではアクセスの少ないサイトで試してみました。

特に問題はなさそうで、プラグインもさくさく動いているし、かなりいい感じでした。
ところが1つだけ気になる点が…

気になった点とは、アクセスの低下です。

試したサイトがアクセスの少ないサイトなので、気にしすぎだと思います。
調べても、他の方でのアクセスの影響にかんする記事は、特に見当たりませんでした。
ただ、1つだけではなく、いくつかのサイトで同じ様な流れを確認できたので、一応ここに掲載することにでした次第です。

今まではのアップデートでは、アクセスの影響はありませんでした。
おそらく今回は大幅で全体的な変更ということで、テンプレートを変更した時のような、
Google君が「お!何か変わった?」と受けているだけなのかもしれませんね。

ということで、アクセスに関しては、しばらく様子見でいきたいと思います。
※1部のサイトでは、この記事を書いている時点で、既に少しずつアクセスが戻ってきていますし。

–スポンサーリンク–

wordpressの今後、気になる点について

wordpress3.5から、1つドメインで複数の管理ができる機能が大幅に向上していくことが予想されます。
これは今まで、マルチサイト化(mu)などと呼ばれていました。

wordpressユーザーにとっては、作業の面倒さが減り喜ばしい限りだと思います。
ただ、1つだけ懸念されることがあるとすれば、それはwordpressを被リンクスパムとして利用が加速されていくということ。
こうなれば、wordpress自体の信用性が失われ、将来的にはwordpressを使っているサイトに対し、Google君は評価に気を付けるようになるかもしれない。
と言ったら大げさでしょうか。

とはいえ、実はwordpressをGoogleが推している理由の1つとして考えられるのが、Google側として管理しやすいため。
※嘘だと思ったら実際にやってみると直ぐにわかると思います。無料ブログの比ではありません。
つまり、スパムや被リンクに使っているな、と把握されやすいのですね。
なので、少しやりすぎれば直ぐにGoogle八分の刑をくらいやすいし、被リンク効果も自作だと、思ったほど力が得られないでしょう。

これは逆もまたしかりで、ユーザビリティ(ユーザーに優しい、使いやすい)の高いコンテンツがあるサイトも、ダイレクトに評価が高くするよう反応しやすい、ということでもあります。
いわんや「簡単だから、大量に」という思考は、経験上でいえば、結局は「時間の費用対効果が薄い」ことになってしまう、ということです。
これはややもすれば時間の無駄ということにつながります。

ネットで稼ぐには、(資金の投入は別として)多大な時間が必要となってくるのが事実です。
この理由はいくつかあります。
その1つが、「時間を無駄にする、その場しのぎのノウハウ」を提供をして稼いでいるところもあるのではないでしょうか?

ともあれ、当サイトではwordpressはメインサイトとして大きく育てていくことを推奨いたします。
※複数サイトは、その上で1つずつ増やしていけばいいでしょう。

–スポンサーリンク–

wordpress3.6のバージョンアップでの不具合を防ぐために

wordpress3.5の次の大きなバージョンアップは、3.6となります。

wordpress3.6で大きな不具合を起こさないためには、こちらのプラグインがいいようです。

--スポンサーリンク--
WordPressのバグを暫定的に修正するプラグイン Hotfix は必須プラグインだ!

このプラグインをインストールすると、今回 3.4.2 で発生した不具合を暫定的に修正してくれますので、アップデートを控えてる方は、ぜひ本体をアップデートして、このプラグインをインストールすることをおすすめします。
このプラグインは非公式なプラグインではありますが、Mark Jaquith さんと Andrew Nacin さんという2人のイケメンが作ってるプラグインで、2人ともWordPressのコア開発者というエライ人たちです。
というわけでこのプラグイン、とりあえず入れておけば悪さしないですし、そのバージョンのバグをこっそり直してくれるのでおすすめです。

参考文献(引用元):firegoby

※もしかするとwordpressの次のバージョンアップは3.6ではなく、wordpress4.0になるかもしれません。

–スポンサーリンク–

【おまけ】worespressの季節ものプラグイン

wordpressの利便性の1つとして、サイトの雰囲気を簡単に変えられる、ということがあります。
そこで、今回は今の季節(この記事を書いているクリスマス前)にふさわしいプラグインを1つご紹介です。

WP-Christmas

このプラグインできることは2つです。

  • サイト上で雪を降らせる
  • 雪だるまを出現させる

使い方はインストールするだけの、デフォルトでほぼokです。
各記事などにも対応させたい時には、設定から変更してください。

同じようなプラグインに、WP Snow Drops
があります。
こちらは、雪のスピードなどの変更はできます。
その機能は特にいらない、という場合のお勧めはWP-Christmasです。

–スポンサーリンク–

余談どす

wordpressのプラグインを探している時に想う事。

WP-Christmasを今回は紹介させていただきました。
その時、こんなふうに思いませんでしたか?
「じゃ、なんでこのサイトでは使用していないの?」(記事更新時~その後はどうなるかわかりません)
別にそんなこと気にも止めなかったかもしれません。それとも、ちょっとだけ感じましたでしょうか。
わたしはそう思うことがあるんです。いいなら、なぜ使わないの?

それはサイトによって色々な理由があると思います。
例えば、プラグインを整理する際に停止or削除しちゃった、など。
わたしの場合の理由は、先々月あたりまでサイトの表示速度で悪戦苦闘した経験から、
スクリプトのcpu負荷に敏感なんですね。
ただ、それだけの理由です。ちなみに他のサイトでは使っているところもあります。

それで…思ったんです。
使っていないものを良いと紹介する、といえば
最近ありましたよね。こんなのとか

本当か?女性タレント「1080円で清浄機落札」 ブログで紹介、実際は落札できない仕組み
ペニーオークション詐欺でサイト運営者の男らが逮捕された事件で、人気女性タレント(35)が自身のブログで、摘発されたサイトで商品を落札したと紹介していたことが分かった。

引用元:本当か?女性タレント「1080円で清浄機落札」 ブログで紹介、実際は落札できない仕組み – ITmedia ニュース.

そこで、連想されたのが、アフィリエイトです。

当方、アフィリエイトを少しかじっておりますので、よくこんなアフィリエイトをお見かけします。
アフィリエイトって使ってもいないのに、
「これはいいですよ!凄いおすすめです!」っていう煽りのオンパレード的な部分もあると思います。
煽りといえば、不安を徹底的に煽る…やばい、話が脱線してきたcrying 僕の悪いクセ。
この件はまた別記事で。

プラグインに話を戻しますね。
他にも正月に合わせたものなど、色々ありそうですね。
wordpressでは、プラグインの使いすぎは推奨できませんが、ちょっとした変化を加えたい時は、プラグインを作ってくださっている方が大勢いらっしゃるので、自作の手間が省けて助かる時もある思います。

今回はこの辺で。よいクリスマスを!


2012年12月9月15日にアップのした記事の内容

WordPress 3.4.2へのバージョンアップでは、エラーやプラグインが動かないそしてログインできない症状まで出ているようです。

無事バージョンアップを終了した方もいるかと思いますが、まだ待ったほうが良いとの意見も多数あります。

当方、最近バージョンアップの再確認とプラグインの整理をしたばかりです。
それでも、しばらく様子をみてみょうと思っています。

ただ、どのくらい様子をみればいいのでしょう?

そうですね。
今回のバージョンアップで20個のバグが修正されているようです。
とはいえ慌てる必要もなさそうだし、プラグインからの新バージョンへの対応もあると思いますので、各プラグインの更新の状況を見ながらタイミングを計りたいと考えております。

具体的には、来週から今月末にかけてかな。

著者情報

山田招憲
Wordpressを使ったSEOからの集客を含むアクセスアップサポートを行っています
(検証サイト3000サイト以上)
詳しいプロフィールはメルマガ内で…