この記事の所要時間: 26

ロジクールのWireless Trackball M570についてロジクールのWireless Trackball M570は、環境を選ばない。

寝っ転がって、バンザイしながらでもマウスを動かせるほど。

私自身、マウスの扱いすぎで、一時期は右腕全体が痺れ鍼灸院に通っていたこともある。
おそらく原因はマウスの位置が微妙に肩に負担を与えていたのではないか?と考えられた。

ロジクールのマウス自体、気に入って使っていたが、少々高価な印象があったのも否めない。
しかしこのWireless Trackball M570に関しては、お手頃な価格に関わらず、膝の上でも気軽にマウスを動かせるので、かなり負担が軽減され楽になった。

まず、最初に出会った時には、「こんな発想もあるんだ」という印象だった。
親指でマウスをポインタを動かすので、慣れるまで少し時間がかかるかもしれない。
それも慣れれば、細かい部分もかなりスムーズに動かせるようになる。使い始めて1年半ほどになるけれど、今ではコチラのほうが扱すくなってしまった。

今回、なぜ今ごろ紹介するのか?というと、実はこのマウスの紹介が目的ではなく、突然マウスのトラックボール(ゴロゴロ)を動かしてもマウスのポインタの動きが鈍くなり
遂に動かなくなったからだ。
その問題が解決したので、同じような症状になっている人の一助になれればと書いた次第。

--スポンサーリンク--

電池の交換やUSBの取り外しや再起動など、色々試してもダメだったので、瞬間的に買い替えも頭をよぎったほどだからだ。

–スポンサーリンク–

ロジクールのWireless Trackball M570の動きが止まった原因はここにあった!

解決法は至って簡単。

原因はゴミがつまっていたことにあり、マウスのトラックボールを下からボールペンでも何でもいいので、押し出すと簡単に外れる。
外した後、中に溜まっているゴミを取り除けばいいだけの話だった。
つまり、センサーの部分に誇りが付着してしまうことで、動作に影響を及ぼしてしまう、ということになるのだ。

わかってしまうと、やはりというか、何だそうだったのか、という事になる。

しかしホッとしたのも事実なので直ぐに記載することにした。

まだお持ちでない方のために、★ロジクールのWireless Trackball M570を価格順でこちらに並べてみた。★

追伸;
キーボードもロジクールを使っているが、無線はとてもとても便利だ。

著者情報

山田招憲
Wordpressを使ったSEOからの集客を含むアクセスアップサポートを行っています
(検証サイト3000サイト以上)
詳しいプロフィールはメルマガ内で…