この記事の所要時間: 39

ウィジェットは有料テンプレート(テーマ)には、付属で数多く付いているものも増えてきた。

では、手動では無理なのか?有能なエンジニアでなければ、素人ではやらない方がいいのだろうか?
今回は、ウィジェットを自由自在に、何処へでも簡単に設置できる方法を知ったので、ここへメモ

–スポンサーリンク–

ウィジェットエリアは簡単に追加できるもの?

ウィジェットエリアはとても便利。なぜなら、一括で前ページに反映してくれるからだ。

広告だけではなく、リンクを張り替える際に、いちいち前頁次を変えるのは、
コンテンツが増えるほど大変な作業となってくる。

ゆえにココにもあそこにも欲しい、という場面が出てくるだろう。
例えば記事下。
これは欲しいけれど、有料テンプレートでないと、入っていない場合が多い。
だからといって、自分で入れようと調べても、なおさらややこしくなるばかり…

諦めかけた瞬間!

簡単に出来る方法を教えてくれるサイトを発見!
「ありがたや」
ということで、ここの要点をメモ。
※参考にさせていただいたサイトは最後に記載しました。

–スポンサーリンク–

ウィジェットの手動で設置できる2ステップとは?

ウィジェットを手動で設置するには、2ステップだけでいける。

--スポンサーリンク--
1,ウィジェットエリアの追加
2,ウィジェットの配置

これだけである。

1のやり方は、外観のエディタから「functions.php」をみつけ、
最後尾でいいので、以下のタグを追加
※nameとidは、あなたの分かりやすいお好きな名前で
※※テーマによっては、最後尾ではエラーとなる場合も

functions.php
register_sidebar(array(
     'name' => 'Footer' ,
     'id' => 'footer' ,
     'before_widget' => '<div class="widget">',
     'after_widget' => '</div>',
     'before_title' => '<h3>',
     'after_title' => '</h3>'
));

2のやり方は、入れたい場所へ次のコードを追加
※footerが、上記でいうidとなる

<br />
&lt;?php dynamic_sidebar('footer'); ?&gt;<br />

例えば、記事したに入れたい場合には…
外観⇒エディタの中で single.php を探し、
contentを閉じている手前当たりに入れるといいだろう。
※この位置はテンプレート(テーマ)のよって多少違う
※※エディタはテーマの編集という名前の場合も

1つだけ注意点があるとすれば、テンプレート(テーマ)がバージョンアップした際には、
上書きされてしまうと思うので、いちいち書き換える必要があるということかもしれない。
※それと、試す前には、もしもの時のバックアップは必須

参考にさせていただいたサイト様

WordPressのウィジットエリアを追加する方法

–スポンサーリンク–

追加事項

テンプレートによっては、管理画面のエディタでは反映せず、
直接ファイルを編集しアップロードする必要があるようだ

著者情報

山田招憲
Wordpressを使ったSEOからの集客を含むアクセスアップサポートを行っています
(検証サイト3000サイト以上)
詳しいプロフィールはメルマガ内で…