カテゴリー
ワードプレス

ウィジットエリアを簡単に手動で追加できる?

ウィジェットは有料テンプレート(テーマ)には、付属で数多く付いているものも増えてきた。

では、手動では無理なのか?有能なエンジニアでなければ、素人ではやらない方がいいのだろうか?
今回は、ウィジェットを自由自在に、何処へでも簡単に設置できる方法を知ったので、ここへメモ

–スポンサーリンク–

ウィジェットエリアは簡単に追加できるもの?

ウィジェットエリアはとても便利。なぜなら、一括で前ページに反映してくれるからだ。

広告だけではなく、リンクを張り替える際に、いちいち前頁次を変えるのは、
コンテンツが増えるほど大変な作業となってくる。

ゆえにココにもあそこにも欲しい、という場面が出てくるだろう。
例えば記事下。
これは欲しいけれど、有料テンプレートでないと、入っていない場合が多い。
だからといって、自分で入れようと調べても、なおさらややこしくなるばかり…

諦めかけた瞬間!

簡単に出来る方法を教えてくれるサイトを発見!
「ありがたや」
ということで、ここの要点をメモ。
※参考にさせていただいたサイトは最後に記載しました。

–スポンサーリンク–

ウィジェットの手動で設置できる2ステップとは?

ウィジェットを手動で設置するには、2ステップだけでいける。

1,ウィジェットエリアの追加
2,ウィジェットの配置

これだけである。

1のやり方は、外観のエディタから「functions.php」をみつけ、
最後尾でいいので、以下のタグを追加
※nameとidは、あなたの分かりやすいお好きな名前で
※※テーマによっては、最後尾ではエラーとなる場合も

functions.php
register_sidebar(array(
     'name' => 'Footer' ,
     'id' => 'footer' ,
     'before_widget' => '<div class="widget">',
     'after_widget' => '</div>',
     'before_title' => '<h3>',
     'after_title' => '</h3>'
));

2のやり方は、入れたい場所へ次のコードを追加
※footerが、上記でいうidとなる
[php]
<?php dynamic_sidebar(‘footer’); ?>
[/php]

例えば、記事したに入れたい場合には…
外観⇒エディタの中で single.php を探し、
contentを閉じている手前当たりに入れるといいだろう。
※この位置はテンプレート(テーマ)のよって多少違う
※※エディタはテーマの編集という名前の場合も

1つだけ注意点があるとすれば、テンプレート(テーマ)がバージョンアップした際には、
上書きされてしまうと思うので、いちいち書き換える必要があるということかもしれない。
※それと、試す前には、もしもの時のバックアップは必須

参考にさせていただいたサイト様

WordPressのウィジットエリアを追加する方法

–スポンサーリンク–

追加事項

テンプレートによっては、管理画面のエディタでは反映せず、
直接ファイルを編集しアップロードする必要があるようだ

カテゴリー
ワードプレス

wordpressのスクリーンレイアウトをカスタマイズ(初心者用)

wordpressのスクリーンレイアウトについてwordpressのスクリーンレイアウトをカスタマイズするだけなら簡単だ。
とはいえ、初心者の時にはちょっとしたことでもトラブルことがある。今回はそんな時に書いた記事だ。

–スポンサーリンク–

wordpressのスクリーンレイアウトをカスタマイズの時に起きたトラブル

wordpressの管理画面の上に表示オプションがあるので、それをクリックすると画面が下に広がる。
そこにその画面に表示したいものだけチェックを入れていくとかなり見やすいレイアウトになる。

スクリーンレイアウトの列の数は、その画面によって様々で2列~4列ある。

試しに1列にしてみたところ、確か全ての表示がに縦一列に並んでいる。
が、その後2列にスクリーンアウトを戻そうとした時に問題が起こった。

1列のままだ…。