この記事の所要時間: 240

2015年のSEOへ向けて まとめておきましょう。

この記事の目的は、自分自身の整理と最後に記載のアフィリエイトで収益を得る事です。
今回、あえて目を奪うキャチ画像も、文章への装飾も行っていません。
その理由で読みにくい点もあるかもしれませんが、今後はその方向でいきますので、何卒ご了承くださいませ。
※長くなったので、ページ分けは行いましたが、時間の関係上、誤字脱字の修正は後で行います。

–スポンサーリンク–

2014年から2015年にかけてのSEO対策の結論とは?

まず最初に、結論から申し上げます。

『本当の事を詳しく記事にする』ということです。
加えて、深い悩みに関わる事ほど、情報発信者の公開と更新が重要になってきます。

キーワードはキッカケに過ぎません。
専門的な情報を詳しく書くと必然的にキーワードは含まれてくるわけです。

では、分かりやすく例えるならば、この記事はどうでしょう?

SEOの内容ですよね。
私は分かりやすくするために、出来るだけ専門用語は使わないよう心がけてきました。
とはいえ、SEO自体が専門用語なわけです。

ここに来て読む人は、SEOは検索エンジン最適化ということを知っていて、
更に詳しい情報を求めるためにやってきます。
ということで、必然的に専門用語も入ってくることになります。

例えば、上記にまとめた情報にも、根拠が必要です。

確かに、根拠の1つとして、わたしの経験上という言葉でひとくくりすることも可能ですが、
それは、わたしが他にもSEOに関する重要な情報を持っている、という根拠が必要となってきます。

その理由で、上記の情報根拠を添えてみましょう。

それは、YMYLからE-A-Tを含む要素がSEOには重要となってきている、
とGoogleが公開しているところからきています。

YMYLは2013年後半に出た情報です。
詳しくは、こちらにまとめておきました。

PQ(Page Quality: ページ品質)が特に重要なページもあります。このようなページをYour Money or Your Life(お金や生活) 、YMYLと呼びます。YMYLは、現在あるいは将来の幸福や健康的な生活(身体的、経済的、安全性など)に大きな影響を与える可能性があるページです。YMYLページは、信頼できるサイトに掲載されるべきで、そのコンテンツは高度な専門性と権威とともに作られていなければなりません。

YMYLが重要視されるページの具体例として次を挙げています。

中略

個人識別番号や銀行口座番号、免許証番号のような個人情報を求めるページ — これらはなりすましに利用されうる
ユーザーがクレジットカード番号や銀行口座番号を提供することがあるような金融取引に使われるページ — たとえば何かを買うことができるページ
体の健康に影響を与えうる、医学や健康に関する情報を提供しているページ
子育て・しつけや住宅・自動車購入のような人生における大きな決断に関してアドバイスするページ
法律的・資金的なアドバイスを与えるような将来の幸福や経済状況に影響を与えうる人生における大きな問題に関するアドバイスを提供するページ

中略

反対にYMYLがさほど重要でないページとしては以下の例を挙げています。

ゴシップに関するウェブサイト
笑いをとるウェブサイト
娯楽に関するウェブサイト

中略

YMYLが重要なページでは以下の要素をきちんと満たしていることが求められます。

デザイン
コンタクト手段
信頼性
専門性
情報の新しさ・更新性
コンテンツ作製者の信頼性と専門性

引用元: Google検索品質評価ガイドラインで新たに追加された“YMYL”とは | 海外SEO情報ブログ.

このことから、後で詳しくお伝えしますが、
アフィリエイトには、ますます責任を持っていく必要があるといえるでしょう。

昨年、1時的に流行り今も残り火が有るトレンドキーワードが、なぜ上位表示されやすいのか?わかると思います。
つまり、ゴシックや笑いだからですね。
ただ、この系統は薄いアクセスなので、adsenseが適しているのですが、
adsenseでは著作権のリスクと渡り歩く必要が出てきますし、単価も低いです。

そして、今年の中頃になって追加されたもう1つの、E-A-Tに関してはこちらとなります。

    Expertise 専門性
    Authoritativeness 権威性
    Trustworthiness 信憑性

ポイントのまとめはこちらです。

特定のトピックに関して価値ある視点を専門家のコミュニティが提供してくれることがあります。

質が高い医学的な助言は、適切な医学的専門知識や認証評価を持った人や組織から出てくるべきです。質が高い医学的な助言や情報は、専門的な書式で書かれていたり作られていたりするべきだし、定期的に編集や見直し、更新がなされるべきです。

質が高い、お金に関する助言や法律に関する助言、税金に関する助言などは専門的な情報源に由来するべきだし、きちんとした状態に保たれ更新されているべきです。

住宅のリフォーム(数千ドルかかることがある)や育児・子育て(家族の将来の幸福に影響しうる)のようなことに関する助言もまた、ユーザーが信頼できる「専門的」な情報源に由来するべきです。

写真やギターの弾き方を習うといった趣味に関するページにも専門知識は求められます。

正式な専門知識をそれほど必要としないトピックもあります。商品やレストランについてとても詳細で役立つレビューを書く人が大勢います。フォーラムやブログなどで、ちょっとしたコツや人生経験を共有する人が大勢います。こうした一般の人たちは、自分の生活のなかで経験があるトピックにおいて専門家としてみなされるかもしれません。そのトピックに関して「専門家」と思わせるような種類と量の生活上の経験をそのコンテンツを作っている人があたかも持っているようだとしたら、「日々の生活の専門家」として評価するし、その分野の正式な教育やトレーニングを受けていないからといって、その人やページ、サイトを私たちは罰したりはしません。

引用元: Googleの検索品質評価ガイドラインが大幅改定、高品質サイトに求められるのは「E-A-T」 | 海外SEO情報ブログ.

ちなみに、オーソリティ(Authoritativeness 権威性)に関しては、次の一言に集約されると思います。

いい人たちを高く評価できるように一生懸命に取り組んできている最中だ。

パズトラのYoutuberでCMにも出てしまったマックスむらいさんも、
「好きなことをして」
というキャチフレーズを言ってますが、ゲームでも全然いいわけです。

例えば、消費者としての専門性があってもいい、これがレビューとなります。
アフィリエイトとSEOに関係している部分ですね。
※ただ、後述しますが、嘘は見抜かれるような仕組みを作ってきています。

他に、違う角度から例えを出すとすれば、
本物のお医者さんが言っている情報と、外注してまとめている情報を判別出来るような方向で来ている。
ということになるでしょう。

2014年としえば、ゴーストライター問題が浮上しました。
見方によれば、書籍のほとんどがゴーストライターという言い方も出来ます。
信憑性があればそれもいいでしょう。
Wikipediaがそうですから。誰が?というよりも、信憑性で成り立っているといえるでしょう。
とはいえ、Googleはその情報が嘘か本当か?という点に注目しているわけですね。
これからは、特に悩みの深い情報につきましては、顕著に出てくることになります。

ここまでをまとめると。今後のSEOの方向性としては、
『一人で作るには、限りがある』
ということを踏まえた上で
「薄い情報を楽して量産しているよりも、濃い情報を苦心して集約している情報に価値をおく」
ということになると思います。

つまり、これまでは言葉(キーワード)の最適化であったものが、
内容(コンテンツ)の最適化へと変わっていくことを示唆しています。

その最たるものが、本人からの発信という事も含まれてくるでしょう。

つまり、責任のある発信者かどうか?

ということであり、
外注⇒社員⇒アバター⇒本人
という信憑性の流れも、そのうちの1つとなります。

これは本人だから良いというよりも、最適化の中の1つの基準ということであり、
例え本人ということが認識できても、適当な事ばかり発信いていては、
上位表示されなくなる、ということも含まれてくるわけです。

まあ、当たり前というとごく当たり前の事ばかりなのですが、
お金が絡んできて、攻略ノウハウが出回り、
インタネット特質の混乱と量産のしやすさが上乗せされることで、
当たり前に出来なくなってくる、という皮肉な状態になってしまいました。

ノウハウに振り回されると、稼げなくなる理由もココにあります。

それでは、ここからは大まかな流れに添って、ポイントをまとめていきましょう。

–スポンサーリンク–

–スポンサーリンク–

2014年に起こった確認するべきSEOの動きと対策とは?

2014年のGoogle検索エンジンは、大規模なアップデートを繰り返しました。

まるで大型の地震が起きたような事態です。
この事で、変動が激しくなり、改めて「Google」に命綱を握られている事を実感できたところもあるかもしれません。

それが狙いなのかは、分かりませんが、安定してアクセスを集めるためには
PPCでしかも自社商品という形へという流れとなりました。
しかも、PPCでは電話サポートもつくなど、サービスが強化されています。
この事で、実際にGoogleは収益を更に伸ばしました。

アフィリエイトに関しては、しっかりとコンテンツからの導線を作り、
アクセスを大事にしていく方向へいくことになったわけです。
量産だけでは、労力含む費用対効果が一気に失われる喪失感に襲われる、
あるいは、いつ失うかもしれない、という不安が拭い去れない状況が続くことになります。

そこで、動画の重要性が増してきているのです。
これは、有名youtuberの出現により、より顕著になってきました。
ゲーム攻略やニュースなどのトレンドでアクセスを集め、動画アドセンスで稼ぐ方向だけではなく、
アフィリエイトに関しても、実査にレビューしているものが説得力アップへから結果へと繋がっています。

ちなみに、大規模なアップデート、次は2015年になりそうですね。
http://www.youtube.com/watch?v=Yi21yMBO9gI#t=2805

We’ll see how far we’re yet. I mean,
The holiday season is coming soon
and I don’t think we want to like cause too much fuss there.

But we’re definitely working on speeding up the updates.
英語版Google News office-hoursより

超要約:流石に年末年始はバタバタしない。けれど、アップデートのスピードアップはしていく。

–スポンサーリンク–

2015年以降、大きく稼ぐために必要なこと

2015円のSEOでは、スマホと動画の対策が重要視されていくことでしょう。

そして、原点に立ち返ることも大切です。

原点とは、Googleの言っている事へ耳をしっかりと方向け、
他の情報に振り回されないことです。

更にいえば、アフィリエイトとアクセスアップの過去からの流れからみると、
そろそろ再現性よりも、自分自身のやり方が定着していくことで、
ノウハウやツールよりも、それに対する個別サポートの重要性が増していくと思われます。

よってアフィリエイトなどのノウハウ提供会社は、電話営業や、リアル塾を開始するようになりますので、
町の片隅で看板を見かけるようになるかもしれません。
※くもん塾のように

そうすると、先生が必要となってくるので、
知らない人が知っている人へ教えていく塾形態がリアルに普及することで、
学びやすい環境になっていくことが予想されます。
しかも、スマホで動画を使い、ウェブ上で学べる環境も強化されていくでしょう。
そうすれば、通勤時間時間を使って、副業の勉強をすることで、
複数の収益源を作り出す人が多くなっていくことが予想されます。

これは、これまで学んだ人でなかなか結果に繋がらなかった人にチャンスが訪れる可能性を示しています。

–スポンサーリンク–

–スポンサーリンク–

SEOの必要性、SEOとは何か?

SEOがなぜ、必要なのか?

この理由は簡単です。

Googleが無料で宣伝してくれるからです。

しかも、これからはあらゆる所へGoogleの検索機能が入っていくことで、
これまでの検索窓や動画だけではなく、様々な場所よりアクセスを集められる事も考えられます。

人が何か知りたいという心理が無くならない限り、検索エンジン対策も無くなることはないでしょう。

ただ、これからはより自然なSEOが求められてくるので、
隣にいる大切な友人に話しかけているようなやり方で、
コンテンツを発信していくことがSEO対策になってくると思います。

–スポンサーリンク–

アフィリエイトサイトにアクセスの集める基礎とは?

アフィリエイトサイトにアクセスを集めるためには、欲しい人へお知らせすることが基本となります。

そこでキーワードで検索する人を呼びこむ事が手っ取り早くなり、SEOが絡んでくるのです。
一言でいえば、購買意識の高い人を集めると無駄が減るでしょう。
つまり、商品名キーワードや、比較、レビューなどとなります。

なぜなら、もしそれ以外でアクセスを集め、この商品はいい、と紹介しても、
本当なのか?
と調べるからです。

--スポンサーリンク--

それが、物販の有名所ならまだしも、そうれなければこの流れはますます顕著になるでしょう。

ということは、商品名やレビューサイトのためにコンテンツを作ったようなものとなってしまいかねないわけです。

そうならないためには、サイトの更新を毎日して個人的な意見を発信する、
あるいは、メルマガでアプローチすることで、信頼性をアップしていく必要があります。
その意味では、アフィリエイトのためのサイトの行き着く先は、
リスト取りページになる可能性もあるわけです。

では、LP(ランディングページ)の重要性は増していくのでしょうか?

これは増していくともいえますが、現状ではそれを超えていく必要があります。
詳しくは長くなるので省きますが、
結論からいえば、申し込みフォームだけでも成約できます。

私は、今の段階では動画マーケティングを除けば、
スマホ市場の拡大からいっても、それが1番だと思います。

何が言いたいのか?

結局のところ、そこからどうするのか?

という事が、重要な思考の方向をなる、ということです。

これはアクセスでも同じ事がいえます。

殆どのサイトが、アクセスを呼びこむことばかりに気がいってしまい、
みすみす来たアクセス垂れ流している状態です。

ヒントはリピーターです。
これをクリアしないと、販売者だけではなく、アフィリエイターにも将来はありません。

–スポンサーリンク–

–スポンサーリンク–

今後、検索エンジンがサイトを評価する上で重要なポイントとは?

この答えは先ほど申し上げました。

つまり自然ということです。

しかし、それではGoogleまかせになってしまいますので、少しだけ述べますと、
情報に振り回されない、ということが重要です。

例えば、王道であるコンテンツオブキングといってみても、
それよりも重要な事は、検索エンジンはランダムだということです。

つまりGoogleから見ると、対策をされない事が必要となります。

そうであれば、Googleはまず、同じノウハウを多く学んいるパターンを導き出すので、
効果が一時的で、直ぐにダウンの繰り返しになってしまうわけです。
そうなると、稼げるのはノウハウ提供会社だけとなります。

その理由で、ノウハウ提供会社で働く事が1番の安定した収入を得る方法だともいえるでしょう。
全ての人が入社すると、成り立たないというネズミさんの仕組みには変わりませんが、
現実的には、そうはならないでしょうから、やはりこれが安全です。

もし、そうでない方法をするのなら、先程も申し上げました、
自分自身のやり方を作り上げていくことが重要です。

20才にして英国圏で、ネットビジネスで大きな成果を上げている方は、
多く流通しているノウハウとは、全く逆の事をあえてやっている、と言っていました。
このような方法に加え、ランダムにしていくことも重要です。

つまり、結果が出ている同じ方法だけを積み重ねていかないことです。
※これは、収益を得るための戦略面ではいいのですが、SEOでは通じません

何か抽象的になりましたので、せっかく読んでいただいているので、
そんな貴重なあなただけのために、1つだけ、具体的な方法を添えておきます。

簡単に結果を出せる3ステップです。
1,あるキーワードの検索結果10位までのサイトを見ます。
2,それらのサイトにない視点で記事を書きます
3,それらのサイトにないところから情報発信します

この3番に関しては、動画も2015年は有効となってくると予想されるわけです。

これすらも、やる人が多くなると通用しなくなります。
が、ここのページは大規模に宣伝していないので、まだまだ大丈夫です。

–スポンサーリンク–

サイトの内部SEOで重要な要素とは?

2014年のSEOでは、外部からのリンクよりも、内部からのリンクの方が重要度が高まりました。

この理由は、以前は外部リンクが操作し難いことで、投票として重さを持っていたのですが、
これだけ対策されると、辞書の活用以外は、ユーザーから信頼性を失い、
SNS(フェイスブック)に流れそうになった事へ、Googleがストップをかけました。
それが、内部リンクの重要度アップです。

内部リンクは、対策をし易いのでは?

そうです。
だからこそ、変動が生まれやすくなり、Googleにとっては良い方向へいくことになります。
Googleは基本、変動つまり混沌を好んでいますので。

内部リンクを増やす方法として、簡単にやれる方法としては、カテゴリーを増やしたり、
タグを増やす方法もありますが、それも1時的です。

結果的には、内部SEOで上位表示を狙うよりも、1アクセスをリピーターにする方がはるかに効果的だといえます。
その意味では、1つのページへ集中させるのは、上位表示対策というよりもSEM(トータル的にみたSEO)に近いものといえるのかもしれません。
そこへ、キーワードを入れ込む、という2ステップが理想的です。

例えを1つ出してきます。

WordPressでは、ほぼ何でもできるので、機能をプラグインでドンドンアップすることができます。
SEOもプラグインだけではなく、テンプレートでもソースが綺麗などの理由でSEOに適したものがあるわけです。

これは、一昔前の考えです。

今の検索エンジンは、複雑なソースであっても簡単に読み込みます。
つまり、テンプレートではSEO対策しなくてもいいのです。

過去は賢威というテンプレートが良かったのですが、今は違います。

それよりも、シンプルで表示がスムーズにされやすい方が、上位表示されやすい。
その理由はユーザビリティです。
これは、スマホユーザーの使いやすさも、今後はドンドン絡んできます。

ということで、訪問者の利便性を検索エンジンは見ていくようになり、
SEO対策よりも重要だと覚えておいてください。

–スポンサーリンク–

–スポンサーリンク–

検索エンジンに好かれるためのクオリティの高いコンテンツの作り方

検索エンジンに好かれやすいコンテンツは、変化します。

以前は、内容量でした。
今は、ポイントを絞ってまとめられている方を好んでいます。

ということで、この答えは一概にはいえませんが、先程ヒントを申し上げました。

それは、人と違う視点ということです。
たとえば、まとめサイトや比較サイトもいいのですが、全てが同じとなるとどうでしょう?

上手なまとめや比較が、上位表示されますよね。

今後のSEO対策では、そこへプラスαが重要性を増してきます。
それは、おなじまとめや比較でも、あなた自身の個性的な考えを入れていくことです。

これだけは外注でも出来ません。

ちなみに、数年前までGoogleがもっとも恐れていたのは、外注です。
その中でも外注レビュー。
※これは日本Googleでもペナルティを食らったほど。

とはいえ、今ではそれは通用しません。
なぜなら、Googleは、これを対策しないと、
お金がある人が、アドワーズを使わず上位表示できてしまうからです。

ということで、外注記事でつくったサイトは、ことごとくアップデートにやられているのが現状です。

これからは、ますますそれが顕著になってくるでしょう。

しかも、クセを読んできていますので、2015年でも、
実際に体験したレビューサイトはまだまだ通用すると思います。
※アフィリエイトのために書いた嘘のレビューは、見破られるようになるでしょう。

–スポンサーリンク–

効果の高い被リンクサイトの構築方法とは?

元々、Googleはアフィリエイトサイトを嫌いです。

大袈裟にいえば、敵対視しているといってもいいでしょう。
それはそうです。
アフィリエイトサイトで売れるのなら、アドワーズは必要なくなりますので。

宣伝は無料でやらせてくれ、でも、利益は私がとる。
これはGoogleがもっとも嫌がることになります。

その意味では、被リンクはポイントを絞ってやる必要があります。

といっても、この部分は他のノウハウ提供者へ譲るとして、
ここでは違う視点から記載しておきます。

被リンクは、自分自身のサイトから送ります。

どういうことか?

自作自演ではなく、1人の人が幅を広げて活動を行っている、
という方が、効果が高いといえます。

ここまで言えば、あとは分かると思いますが、念のため、添えていきますと…

やはり、辞めました。

これはもったいぶる、ということではなく、自分自身で考えていただいた方がいい、
という成人君主的な考えが理由でもなく、価値が下がるからです。

–スポンサーリンク–

–スポンサーリンク–

長い間サイトを上位表示させるために大切なこととは?

これは、キーワードの穴場ブルーオーシャンを狙うというセコイ話ではありません。

こんなレベルの情報は、わたしなら独り占めせず、直ぐに話します。

分かりやすく、かつシンプルにまとめましょう。

例えば、友人にサイトを見に来てもらい、1年後にまた見に来てもらえるか?

これを考えると、どうすればいいのか、答えが浮かぶと思います。

最後になりますが、面倒くさがり屋は、SEOに限らず、アフィリエイトにしても、結果を出せません。

親切に丁寧に、面倒な事をやれる人が、長期的に収益をとっていけます。

ですよね?

ということは、やはり出回るノウハウは直ぐに使えなくなるのですね。
それが、とてもとても面倒だとなると、話は別ですが、
おそらく、そんなノウハウは売れないでしょう。

そして、これだけは忘れないでおいてください。

どんなことでも、例外はある、ということを。

例えば、宝くじの攻略があったとします。
実際に当たった人がいれば、それは信用に値するのか?

説得力があるだけで、全く信用に値しません。

なぜなら、あなたが結果を出せるわけではないから。

ということで、今回、経験を元にここでまとめた情報も、例外はあります。

その事を踏まえた上で、これからのSEOでのオススメは、動画SEOです。

Googleの進化により、今、ある場所で、ある方法が有効か実験検証中ですが、
これは、ほとんど一般告知を行っていないプライベートルームで詳しくお伝えしてまいります。

–スポンサーリンク–

最後に今オススメの教材

その前に、興味があったとしても、おそらく「本当か?」と思われ、
検索レビューでお調べになり、間違いなさそうなら、ややもすれば、特典の良いものを探されるでしょう。

これをした時点で、購入を控えた方がいい、というのは、わたしの過去の反省点です。

わたしは1000位上の教材を読み聞き観てきました。
その結果、必要なものを躊躇なく購入する方が結果が出る、という事実に気が付いたわけです。

だからといって、ここで購入して欲しいわけではありません。
わたしは、ただあなたの背中を押す役目しか出来ませんので、
それで結果が出る事が1番嬉しいことです。
2番目は「ありがとう」を言っていただけること。
そして3番目は…はい。収益です。

おそらく3番目がもっとも説得力があったのではないでしょうか?

それはそうです。
わたしには、目論見がありますから。
それすらも暴露しましょう。

もしこの教材で収益がアップしたとすれば…
信用度に繋がり、再びわたしが紹介する教材に興味を持ってもらえる可能性が高いといえるからです。

その意味でも、1と2も真実といえます。

また、万が一何か問題がありましたら、何なりとご質問ください。
少なくとも、99%以上の確率で、元をとっていただく自身がありますから。

某塾やツールのような、ランニングコスト(月々費用)は一切かかりません。0円です。
youtube大百科

–スポンサーリンク–

オマケ

自宅でウェビナー(ウェブセミナー)が出来る準備を整えてください。

といっても、何も大げさなことではなく、
ウェブカメラ1つ用意すればいいでしょう。

動画と違うところは、時間を決めて死視聴者に参加してもらうことです。

これは大分前から、英国圏では鉄板の方法でした。
そろそろ日本でもやる人が増えてきて、
そして将来的には、アフィリエイターもそれが効果的な方法になります。

ただ、気をつけておかなければならないのは、
ウェブセミナーは自分がやる側になる必要があるだけで、
参加してまで学ぶ必要は全くない、ということです。

時間の無駄と、その後お金が無駄になるだけとなります。

自分が必要なものだけ、学ぶ習慣をつけ、
その時間があれば、自分自身が情報発信をしていくべきです。

はい。

足早にまとめて来ました。

宜しいでしょうか?

それでは、また…

youtube大百科

共起語

著者情報

山田招憲
Wordpressを使ったSEOからの集客を含むアクセスアップサポートを行っています
(検証サイト3000サイト以上)
詳しいプロフィールはメルマガ内で…