この記事の所要時間: 248

対応している投稿フォーマット
対応しているテーマ内で、ユーザーは以下の投稿フォーマットを利用できます。
aside(アサイド)
通常タイトルなしで表示。Facebook の Notes のようなもの。
gallery(ギャラリー) 
画像ギャラリー ギャラリーショートコードと添付画像を含む投稿など
image(画像)
単独の画像。投稿本文内の最初の

<img /></html>

タグが画像と見なされる。もし投稿本文が URL のみの場合はそれが動画 URL となり、投稿タイトル (post_title) が画像の title 属性となる。link(リンク) 
他サイトへのリンク。投稿本文内の一つ目の

<a href=””>

タグがその投稿の外部リンクと見なされる。もし投稿本文が URL のみの場合はその URL が外部リンクとなり、投稿タイトル (post_title) が名前となる。
quote(引用)
引用文。引用文と引用元のテキストエリアを設けるのが望ましい。引用文は

 <blockquote>$quote_wrapped_with_paragraphs<p><cite>$citation</cite></p></blockquote>

として post_content に保存すること。
status(ステータス) 
通常140程度の短い近況アップデート。Twitter のツイートのようなもの。
video(動画)
単独の動画。投稿本文内の最初の

<video></video>

タグまたは

--スポンサーリンク--
object/embed

が動画と見なされる。もし投稿本文が URL のみの場合は、それが動画 URL となる。
audio(音声)
音声ファイル。ポッドキャストにも使える。
chat(チャット) 
チャット履歴。例えば以下のようなもの。
太郎: やあ!
花子: 元気?
一郎: おう!
引用元: 投稿フォーマット – WordPress Codex 日本語版.

–スポンサーリンク–

追記

例えば以下のような使い分け方があると思います。
標準:一般的な記事
アサイド:ちょっとした短い記事
リンク:ニュース記事を貼って一言コメントをつける等
ステータス:「今日はちょっと頭が痛い…。」などのつぶやき
引用元: 投稿フォーマットの使い方説明と日本語表示 « WordPress.com 日本語フォーラム.

–スポンサーリンク–

補足

これはこれでいいとは思う。
けれど、新しいデフォルトテーマでは、どうやら重要視していないようなので、
使う人もいないし、あまり意味はないかもしれない。

テーマ次第から。

わたしは使っていくけど。
理由?
ただ、何となく記事更新のモチベーションが沸いてきたので…

著者情報

山田招憲
Wordpressを使ったSEOからの集客を含むアクセスアップサポートを行っています
(検証サイト3000サイト以上)
詳しいプロフィールはメルマガ内で…