この記事の所要時間: 48

wordpressプラグインwordpressプラグインのおすすめ今回は3番目の紹介となる。

今回は、記事作成に関して、改行の問題を解決していれるプラグインと、画像に透かし入れてくれるプラグインを主にご紹介していく。※更に、細々したプラグインも、ここへ随時追加していくことにした。

–スポンサーリンク–

wordpressプラグインで記事作成時の改行問題を改善

wordpressではブログサービスのようにビジュアルエディタを使うことでタグを気にせずに記事を簡単に編集更新ができるようになっている。
ところが、その御蔭で勝手に改行が挿入されるなど、かえって不便な場面も出てきてしまう。

なので、そんな時には、プラグインで改行を入れないようにしていかなければならない。
プラグインを紹介する前にいくつか記事に関する設定をしておこう。※記事の編集はビジュアルエディタはおすすめできない。

set1
設定の投稿設定から整形を逆にチェックしておく。

set2
ユーザーのプロフィール一覧よりプロフィールを選択し、個人設定で【ビジュアルエディターを使用しない】にチェックを入れ【プロフィールを更新】をクリック。
※この時、パスワードの確認欄に再度記入する必要があるかも。

PSDisableAutoFormatting
まずは、自動整形の機能をストップさせるため【PS Disable Auto Formatting】をインストール後、有効化。

br
改行をつくる【brBrbr】プラグインをこちらからダウンロード後、有効化。
注)こちらのプラグインと【SyntaxHighlighter Evolved】を入れて尚且つビジュアルエディタを使用したい場合には、【SHIFT+ENTER】を打つと改行が入ります。
※連続改行のばあいも【SHIFT+ENTER】を押しまくり。

–スポンサーリンク–

--スポンサーリンク--

画像に透かしを入れてくれるプラグイン

画像をアップした際に、ウォーターマーク(著作権保護)が自動で入るように設定できるプラグイン。
WatermarkRELOADED1
【Watermark RELOADED】を検索後、インストールし有効化。

WatermarkRELOADED2
サイドメニューの【設定】より、【Watermark RELOADED】を選択。

  • 4箇所にチェックを入れ、マークを入れる場所を選択。
  • 掲載位置を隅っこからpxで調節。
  • ウォーターマークに入れるテキストを入力。
  • 文字のサイズを数字で入力。
  • 最後に文字の色を選んで
  • 【save】をクリック
  • 設定後、アップロードした画像からの適用となる。※過去に画像には適用されない。

    –スポンサーリンク–

    その他のプラグイン

    並び替え関連

    wordpressでは、固定ページやカテゴリーの並び替えができない。
    カスタムエコノミーなど複雑なサイト出ない限り、次の2つ入れておけばいいだろう。
    【My Category Order】【My page Order】

    PHP関連

    wordpressの記事内やウィジェットでPHPコードは記入しても動かない。
    そこで、プラグインを入れると簡単に対応できるようになる。

    PHPCodeWidget
    ウィジェットにPHPコードを使用出来るようにするプラグイン【PHP Code Widget】。
    こちらは、インストールすると名前が【Executable PHP widget】となっているのでそこだけ注意が必要かもしれない。

    ちなみに、記事投稿でPHPコードを使用する場合には【Exec-PHP】。

    サイト内のピンバック停止

    ピンバックを送信(受信)する、に設定しておくと、サイト内へのリンクを張った際にいちいち連絡が届くので煩わしい。

    そんな時には、サイト内へのピンバックを停止してくれる『No Self Pings』がある。

    NoSelfPings

    インストールし有効化する前に、試しにピンバックを送ってみた。

    1日経った現在コメントがまだ届いていない。
    もしかすると、wordpressが対応したのか?

    しばらく様子を見て必要な時には使用することにした。

    サイドバーリンクが表示されない時は

    ワードプレス3.5では、管理画面のサイドバーに表示されるリンクマネージャは、デフォルトでは無効になります。あなたがバージョン3,5以前に更新するリンクを設定していた場合、それはまだあるでしょう。しかし、あなたがワードプレスのバージョンをアップデートしたり、現在のすべてのリンクを削除した場合は表示されなくなります。
    そんな時には、常に存在させるためにこの公式プラグインを使用することができます。

    【Link Manager】
    このプラグインを検索しインストール後有効化するだけです。

    この記事は書きかけの項目です。

    著者情報

    山田招憲
    Wordpressを使ったSEOからの集客を含むアクセスアップサポートを行っています
    (検証サイト3000サイト以上)
    詳しいプロフィールはメルマガ内で…