この記事の所要時間: 532

おすすめプラグインおすすめプラグインfor Wordpressの2番目の解説となる。

今回はおすすめプラグインの中でも、wordpressでサイトマップを作成するプラグインを、検索エンジン用と訪問者用の2つを紹介させていただきたい。

–スポンサーリンク–

おすすめプラグインでwordpressのサイトマップ作成と送信

サイトマップといっても、大きく2種類あり、1つはサイトの訪問者向け(ページ生成用)、もう1つは検索エンジン対策のためのものがある。
まずは後者のサイトマップに役立つプラグインを紹介したい。

wordpressでサイトマップ(xml)を作成し送信するためのプラグインは、いくつか出回っている。
代表的なものでは『Google XML Sitemaps』がある。
今回は、3.0移行マルチサイトの機能が向上していることもあるということで、将来を見越してマルチサイトにも対応できる『BWP Google XML Sitemaps(BWP GXS)』を紹介したい。

BWPGoogleXMLSitemaps
まずは、サイドメニューのプラグイン新規追加より、【BWP Google XML Sitemaps】で検索しインストール。※詳細名は画像を参照の事。

BWPGoogleXMLSitemaps2
有効化すると、サイドメニューに【BWP GXS】が追加される。その中の【Sitemap Generator】を選択する。

BWPGoogleXMLSitemaps3
画像を参考にチェックを入れて、タグのところは外す。※適宜ご自身のサイトに合わせて変更のこと。
下記に入っている場所、例)…public_html/wp-content/plugins/bwp-google-xml-sitemaps/cache/
このcacheのフォルダは自動で作成されるが、されない場合は自身で作成(属性707)
【変更を保存】をクリック。

BWPGoogleXMLSitemaps4
続いて、【sitemap statisties】のタブを選択後、【sitemapindex】のリンクをクリック。

BWPGoogleXMLSitemaps5
画像のようなページが表示されればok。そのURLをコピーしておく。

続いては、googleのウェブマスターツールでの作業
BWPGoogleXMLSitemaps6
まずは右にある【サイトを追加】をクリック。

BWPGoogleXMLSitemaps7
サイトのURLを入力

BWPGoogleXMLSitemaps8
画像の順番通り、ファイルをダウンロードし

BWPGoogleXMLSitemaps9
サイトにアップした後このような文字が表示される。【確認】をクリック。※Googleに自身のサイトだと認識してもらうため。

BWPGoogleXMLSitemaps10
画像のように、所有権が確認されましたと表示されたら、【続行】をクリック。

BWPGoogleXMLSitemaps11
1番右にある【サイトマップ】をクリック。

BWPGoogleXMLSitemaps12
右端の【サイトマップの追加/テスト】をクリック。

BWPGoogleXMLSitemaps13
sitemapindexと入力し、まずは【サイトマップをテスト】をクリック。

BWPGoogleXMLSitemaps14
【テスト結果の表示】をクリック。

--スポンサーリンク--

BWPGoogleXMLSitemaps15
『エラーは見つかりませんでした』が表示されたら、右上の【サイトマップのテストを閉じる】をクリック。

BWPGoogleXMLSitemaps16
先ほどの、【サイトマップをテスト】の右側の【サイトマップを送信】をクリックすると、画像の内容が表示されるので【ページを更新する】をクリック。

BWPGoogleXMLSitemaps17
画像のように【/sitemapindex】が追加されていればok

BWPGoogleXMLSitemaps18
おまけ。サイドメニューの【健全性】の中の【Fetch as Google】をクリック。
空白のまま、【送信】を押すとサイト全体が送信される。新規にサイトを作成した場合にインデックス(検索エンジンからの認識)を早めたい場合に行う。
その後一ヶ月ほどは、記事更新をする時に、空欄に記事のURLを入力し送信すればインデックスされやすい。※内容が薄い、オリジナル生にかける(コピペだけ)ではこの方法でも厳しい。
ある程度インデックスされてくれば、この作業は行わなくてもok。※インデックスがいつまでもされない場合は使用(固定ページの作成時など)

–スポンサーリンク–

wordpressの訪問者用サイトマップ作成プラグイン

こちらは、訪問者用にサイトマップのページを作成してくれるプラグインとなる。【PS Auto Sitemap】
PSAutoSitemap1
【PS Auto Sitemap】を検索しインストール後に有効化。

PSAutoSitemap2
固定ページの新規追加より、タイトルをつけパーマリンクを編集。
こちらのタグを貼り付け更新。※上記URLにある【post=129】の129の数字を覚えておく。

<br />
&lt;!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT --&gt;<br />

PSAutoSitemap3
サイドメニューの設定にある【PS Auto Sitemap】より、【サイトマップを表示する記事】に先ほどの数字(この場合129)を入力する。
【キャッシュの使用】と【製作者リンク】の表示のチェックを外す。
【変更を保存】をクリック。

PSAutoSitemap4
続いて、サイドメニューの外観のメニューを選択。
メニューの名前を記入し、メニューを作成をクリック。

PSAutoSitemap5
固定ページの【サイトマップ】にチェックを入れ、メニューに追加をクリック。

PSAutoSitemap6
メニューページにて、

  1. 右上の表示オプションをクリックすると【表示する項目】が出現
  2. 【説明】にチェックを入れる
  3. 【サイトマップ】をクリックし
  4. 【ナビゲーション】と【説明】にそれぞれ入力※【説明】に入れた文字がグローバルメニューの下部に表示される
  5. 【メニューを保存】をクリック
  6. 左上にあるテーマの場所より、先ほど作成した【メニュー名】(この場合ナビ2)を選択
  7. 【保存】をクリック

PSAutoSitemap7
これでグローバルメニューにサイトマップが作成された。今後は記事を更新するたびに書き換えが自動で行われる。

[注意]このプラグインの使用上の注意

  • ビジュアルエディタでは使用できないのでテキストで記事作成する
  • 【sitemap】のURLでは使用できないこともあるらしいので、念のため【sitemap1】などのURLにしておく
  • 追記

    【PS Auto Sitemap】を導入して、アクセス解析を見ると、『サイトマップ』を見てくれている人がいた。

    ところが、その中で固定ページで作成した『メルマガ登録のお礼』を見られているのがわかったので、これは少々恥ずかしい
    なので、【PS Auto Sitemap】で除外設定をすることにした。

    PS Auto Sitemapnの除外設定
    【PS Auto Sitemap】の管理画面で、『除外記事』の欄に、記事のIDを入力するだけでいい。

    この記事IDは投稿編集画面でURLについている数字となる。

    投稿編集画面で見れる記事id

    →プラグインのおすすめ(2013年中期版)解説付き1はこちら

    著者情報

    山田招憲
    Wordpressを使ったSEOからの集客を含むアクセスアップサポートを行っています
    (検証サイト3000サイト以上)
    詳しいプロフィールはメルマガ内で…