この記事の所要時間: 355

ノートパソコンのバッテリー切れとモニター故障についてノートパソコンのバッテリー切れとモニターが故障し表示しなくなったことについて。
それは、今月の初頭に突然起こった出来事である。

–スポンサーリンク–

ノートパソコンのバッテリーの寿命がきた

ノートパソコンを外で使う機会が多いので、これにはまいった。
ちなみに購入して、まだ1年半ほどしかたっていない。

購入したケーズ電気に行って店員さん聞いたところ、バッテリーの寿命は1年ほどだとのこと。
しかも消耗品なので保証もきかない。
以前使っていたVAIOは5年フル稼働でも頑張ってくれてたのに、今回のGatewayは1年しかもたなかった。
(その店員さんのノートも1年くらいしか持たなかったとのこと)

しかも、パソコンの進化が速いので製造されているかもわからないと聞いた。

もし、そうなった場合は、電源を直接ACからとるしかない。

ケーズの店員さんの言うこところによると、ノートパソコンは家の中で持ち運べる用途で作られているらしい。

だとしたら、マックやスタバで使っている人たちは本来の用途ではないということなのか?
まぁ、田舎だとそうかもしれない。(スタバもないし)

もし製造されていたとしたら、バッテリーの購入ということになる。
とはいえ、バッテリーの価格は1万5千円ほどするらしいので、微妙な値段だ。

結局解決法としては、車のシュガーソケットと家庭用に変換してくれる器機で用を済ますことにした。
これだと安いし。、店員さんも2980円を2千円にしてくれたので有り難かった。

これがコンパクトインバーター

送信者 公開

疑問なのはメーカー。
定期的に壊れる消耗品が製造中止になってしまえば、本体買い換えになる可能性も出ているが、1年は流石にはやい。

今時パソコンなんて消耗品だよ、と思えばそれまでだが、その前にメーカ超えて使える統一した外付け充電器の開発を期待したい。

補足:
同じ時に購入し、同じ時間使用しているもう1台のモニターは何とかまだ無事だ。

--スポンサーリンク--

消耗品といえば、次にモニターの故障の話。

–スポンサーリンク–

モニターが表示されなくなった

モニターの電源を入れても、一瞬映って直ぐに消えてしまう現象が起こった。

最初は入り切りを何回かしていると、表示されていたので様子を見ていたら、数日で表示されなくなってしまった。

送信者 公開

しかし、よ~く見てみると薄~く表示されている。

そこで、メーカー問い合わせたところ「内蔵ランプが切れている」とのこと。

なるほど。
では交換すればいいだけの話だ。

するとメーカーのカスタマーが、「素人では無理なので、メーカーに送っていただくしか交換の方法がない」と。

ということは、ヒューズが飛んだときのように、近くの電気屋さんで購入してパッと交換、というわけにはいかないのだ。

そこで、交換したときにかかる費用を聞くと
「2~3万円」

今時2~3万もすれば新品が十分買える値段だ。
カスタマーも「その通りでございます」と。

確かにモニターは5年間フル稼働してきたので、十分頑張ってくれたので納得いく。

それでも、液晶自体が故障したならばともかく、内蔵ランプが切れただけ。
専門的なことはわからないので、素人考えではこれも、内蔵ランプなどの消耗品は共有にして電気屋さんで売っていればいいのに。と思う。

解決策としては、とりあえず代替え品として、寝かしていたちっこい液晶モニターを使用中。
故障したやつは、ジャンク品としてオークションに出す予定である。

追記;
実はコンバーターも持っていた。しかしそれも壊れていたのだ。
原因は過負荷でのクラッシュ。
ヒューズが飛んだだけだったので、これなら100円ほどで解決できる。

ところが交換したけれど、それでも使用できなかった。

実はクラッシュした時にプリウスの内蔵されているで電気系統のヒューズも飛んでしまっていた。
※これはディラーで無料で交換していただけた。

それをケーズ電気の店員さんに話に行くと、それを使うのは辞めておいた方がいい、とのこと。
なぜなら、車の電気回路までダメにしてしまう可能性があるから。
プリウスは特に決定的なダメージになりかねない。

そんな説明だった。

納得して購入したけれど、ただ売りたいだけじゃないのか?
という懐疑心も頭をよぎったのも事実だ。

それでも店員さんにしてみれば、もしもの時の責任はもてないだろうし、安全策をとって購入したのであった。

著者情報

山田招憲
Wordpressを使ったSEOからの集客を含むアクセスアップサポートを行っています
(検証サイト3000サイト以上)
詳しいプロフィールはメルマガ内で…