この記事の所要時間: 518

wordpressで会員限定コンテンツの設定を試した。ほぼ理想通りになり、折角なので、会員限定コンテンツで公開してみようと思う。

※現在、うまく機能していないので、調整中です。
よってこの記事は、まだ参考にならない可能性がありますので、ご了承くださいませ。

–スポンサーリンク–

前書き

最近のWordpressは、ほんと便利になったものだ、早く手を出しすぎると痛い目にあう。
何でも流行り始めた時は、少し様子を見たほうがいいのかもしれない。
まぁ、そのお陰で今では、いつwordpressが消滅しても復活や移転できるような、ノマドWPライフが楽しめるようになった。

前置きはこのくらいにして、早速、本題に入りたいと思う。

今回は、以下のように構築したかった。しかも小難しくなく簡単に。
この3つをクリアーしたかった。

1,会員限定コンテンツにするか?しないか?を、投稿と固定ページにて、記事ごとに簡単に設定できる。
2,アドレスで登録するだけでは、面倒かもしれないので、ソーシャル(SNS)ログインできるようにしたい。
3,SNSに入っていない人のために、ユーザーは、メールアドレス、ソーシャルのどちらでも選択できる。

ちなみに、今回、会員限定コンテンツで分けたかった理由は、不特定多数への公開と分けたかったから。

–スポンサーリンク–

会員限定コンテンツを、ソーシャルログインでも構築できるプラグイン

色々探し回って試した挙句、今でも使える、この3つのプラグインで実現した。

1,WP-Members…会員限定コンテンツにする
2,Gianism…ソーシャルログインを可能にする
3,Login rebuilder…ユーザー専用のログインページを作る

特に、2と3は日本人によるプラグインなので、安心。

では、早速順番に解説していこう。

–スポンサーリンク–

1,WP-Membersの設定方法

管理ページサイドバーのプラグインの新規追加より「WP-Members」で検索
会員限定コンテンツ解説1
インストールし「プラグインを有効化」

次に、事前設定が2つ。

まず、設定⇒一般⇒ だれでもユーザー登録ができるようにするのチェックを外し保存

会員限定コンテンツ解説2

そして、設定⇒表示設定⇒RSS/Atom フィードでの各投稿の表示⇒抜粋のみを表示にチェック

会員限定コンテンツ解説3

設定⇒ディスカッション⇒他のコメント設定⇒ユーザー登録してログインしたユーザーのみコメントをつけられるようにするにチェック
会員限定コンテンツ解説3-1

設定⇒WP-Members⇒投稿記事をブロックの記事を外し⇒ ログインおよび新規ユーザー登録フォームの上に、抜粋の内容を表示します。にチェックし設定を保存
会員限定コンテンツ解説4

上記のタブを「フィールド」に切り替え、会員登録の際に記載してもらう項目にチェック
※当サイトでは、名前と郵便番号だけ残し、チェックを外した。
会員限定コンテンツ解説5

--スポンサーリンク--

タブを「メール」に切り替える。すると登録の際に送られる返信内容が、英語で記載されているので、翻訳ツールを使いながら、日本語に書き直す。
※このサイトへの登録の際に送られてきたメールの内容を参考にしてほしい。
会員限定コンテンツ解説6

–スポンサーリンク–

–スポンサーリンク–

2,Gianismの設定方法

プラグインの新規追加から、「Gianism」で検索し、インストールし有効化

会員限定コンテンツ解説7

設定⇒Gianism設定⇒有効にしたいSNSを有効にして保存
会員限定コンテンツ解説8

上部に設定方法タブがある。
会員限定コンテンツ解説9

少し分かりにくので、各SNSの登録は、こちらを参考にさせていただきました。

WordPressにソーシャルログインを実装する国産プラグイン「Gianism」の設定方法 | WordPressテーマ「メシオプレス」ブログ.

[WP]facebookやTwitterアカウントでログインできるプラグイン「Gianism」 | ワードプレステーマTCD.

取り敢えず、FacebookとTwitter、そしてGoogle+の3つを設定。
mixiやAmazonなどは、後ほど空いた時間にでも設定してみようと思う。

–スポンサーリンク–

–スポンサーリンク–

3,Login rebuilderの設定方法

プラグインの検索から「Login rebuilder」でインストール後、有効化。

会員限定コンテンツ解説10

こちらは設定自体は簡単。公式サイトに解説があった。
『Login rebuilder:プラグイン作ってみました』

今回の場合、ユーザーのログインページを作りたかったので、『購読者専用ログインファイル』へURLを記述した。

–スポンサーリンク–

4,会員限定コンテンツの設定

会員限定コンテンツにしたい記事の右上に「Post Restricion」があるので、「Block htis post」にチェック
会員限定コンテンツ解説11
これだけで、会員限定の記事になり、ログインしなければ観覧できなくなる。

抜粋が、< ! --more-- >タグで表示出来るとの事。
ただ、テンプレートの影響なのか、こちらのサイトでは出来なかった。

そんな時には、上部の「表示オプション」の「抜粋」にチェックを入れる。
会員限定コンテンツ解説12

下部に抜粋のわくができるので、そこに書き込むことで表示された。
会員限定コンテンツ解説13

ただ、タグは使えないらしいのでシンプルな表記しかできなかった。

会員限定コンテンツ専用
ログイン
※ソーシャルでも可能です。
⇒ログイン

著者情報

山田招憲
Wordpressを使ったSEOからの集客を含むアクセスアップサポートを行っています
(検証サイト3000サイト以上)
詳しいプロフィールはメルマガ内で…