この記事の所要時間: 85

iPhoneをドコモの電波でについてiPhoneをドコモの電波で使用できる方法はSIMロック解除ではありません。電話も出来ません。

–スポンサーリンク–

iPhoneをドコモの電波で使用できる方法

iPhoneをドコモの電波で使用できる方法は、よく使われるSIMロック解除して、ドコモの携帯から差し替えて使う方法ではありません。

あくまでネット環境を維持するための方法です。
なので電話はDoCoMoの通信では使えません。

しかし、もしあなたがiPhoneでインターネットに繋いでいて、途中で電波が悪くなりイライラするなら、この方法で解決できます。

わたしの場合は、最近オセロ(リバーシ)のオンライン対戦のアプリがギャラクシー(アンドロイド)のアプリが有料なのに対しiPhoneのアプリは無料なのではまっています。

世界中から常時150人~250人ほどの参加者がいて、いつ繋いでも直ぐに対戦相手がみるかるので、空いた時間の暇つぶしにピッタリです。
※先ほども、ソ連の方と1線交えたばかりです。

ただ、外出中の暇つぶしで田舎だと電波の状態が悪く、対戦中途切れてしまうことも度々起こります。

そうなると相手側にも迷惑をかけますし、どうにかならないものかと思っておりました。

もちろんそれだけではなく、仕事で動画や画像のアップロードにも困った経験があります。
特に、高速上では高速は山の中に作ってあるので、iPhoneでは難しい、
じゃ、DoCoMoの携帯でやればいいじゃないか、と思われるかも知れません。
そうですね。今でこそDoCoMoもギャラクシーなど性能がいいスマートフォンが出てきておりますが、当時は動画や画像のアップはiPhoneが遙かに使いやすかったのです。

それが今ではドコモの電波で繋がっているので、問題なく繋がっております。

方法は至って簡単です。

ドコモのwifi器機を使えば解決します。

一機種で5台までwifiに繋げられるので、ドコモの携帯はもちろんiPhone、PSP,ニンテンドーDSなども大丈夫です。
しかも、今キャンペーンをしていますので、私の場合は、ケーズデンキで3万円のモバイルノートをタダでもらいました。
更に、ドコモの携帯をwifi経由で繋げると、パケ放題のパケ代が浮きます。

つまり1台のWIF器機で複数の携帯が繋げられるからです。

流石にIPhoneのソフトバンクは定額なので安くはなりませんが、電波はドコモで使用できるようになります。

DoCoMoのwifiキャンペーン

この方法を利用するために、DoCoMoのwifi器機の契約をするなら、wifiキャンペーンを使う方が断然お得です。

wifiの機種代が無料になったうえ、3万円のモバイルノートがもらえるのですから。
そこで、出来るならサービスがより良いところで契約したいので、wifi器機のキャンペーンの比較をしてみました。

まず、DoCoMoショップでもwifiキャンペーンはやっていますが、電気量販店のように安くPCが入荷できないので対抗は無理のようです。
自腹で払う必要が出てきます。(データカードなら自腹は無いようですが、今から購入しない方がいいでしょう。)

なのでwifiのキャンペーンでは家電量販店が狙い目です。

そこで、ヤマダ電気とケーズ電気の比較をしてみました。

モバイルノートの性能と価格はメーカーが違うだけで殆ど同じです。

違いはヤマダ電気では常時キャンペーンをしています。
ケーズでは時々やる、という具合で、それぞれDoCoMoとの契約の種類が違うとのことでした。

他にも、ヤマダ電気はwifiの高い機種も対応しています。
これは価格でいえば1万円ほどの差があり、性能でいえば空港などでハイスピードの対応ができるかできないかの違いです。

ケーズでは安い方の機種だけがキャンペーンの適応機種となっています。

ではヤマダ電気がいいのではないか?

そうですね。総合では有利です。

ただ、ヤマダ電気ではモバイルノートの在庫が置いていないことが多いんです。
つまり注文となりますので、大体2週間待ちとなってしまいます。
それでも構わないのであれば、ヤマダ電気がいいでしょう。

ケーズの場合はほぼ在庫が常に数台は置いてある状況でした。

そういえば、価格が同じくらいと書きましたが、ケーズが若干安いかもしれません。
ヤマダ電気はその分ポイントで対応しているので、結局同じくらいの価格になりますが、
ケーズでは29800円の機種が自腹無しで手に入るので魅力的です。

ちなみに私はケーズで契約しました。
モバイルノート無料だけでなく、更にソニーのUSBの16ギガ(役4000円)を千円にまけてくれました。
しかも、モバイルノートではDVDが観れないのですが、外付けを無料でいただけました。

結果的にみればケーズを選んで良かったです。

–スポンサーリンク–

--スポンサーリンク--

wifiキャンペーンデメリット

wifiキャンペーンのデメリットは、ずばり2年縛りです。

2年以内の解約だと、解約金を取られます。

ちなみに私は、NTTドコモのデータ通信製品(カード型製品)が出たばかりの時に飛びついてしまったのですが、
その後直ぐにパソコン無料キャンペーンが始まってしまい、かなり後悔してしまった経験があります。
それから2年待ち続け、今年の4月にようやく解約出来た次第です。

そのような事もあり、今回はキチンと調べて契約しようと考えていました。

ということで、契約する時期のタイミングが大切になってくるでしょう。
2年間でどのような変化が訪れるかを読みながらキャンペーンを利用していかなければなりません。

地方に住んでいるのならいいですが、都会では光なみのスピードが出るデータカードも出てきました。
なので都心に住んでいる人は様子を見ながらがいいですね。

逆に地方なら、行き渡るまで丁度2年ほどかかるようなので、
キャンペーンを利用するタイミングとしては、今がいいかもしれません。

参考までに。

以上

簡単ではありますが、
DoCoMoのwifi器機の電波を利用してiPhoneでネットをする方法と、
wifiキャンペーンの比較についてのレビューでした。

simロック解除の情報(おまけ)

SIMロックを解除できれば、電話もDoCoMoの電波でIphoneを使えるようになります。

>>こちらにヤフーオークションの出品でありました。

※信用度においてはわかりませんので、自己責任でお願いします。

追記

この記事を読んでお近くのケーズ電気でのwifiの契約を決めた際には、
ケーズで「何にかオマケつけてくれませんか?」
と聞いてみてください。※聞くのはタダですから。

もし、「当店ではそのようなサービスはやっておりません」
或いは「既に精一杯お値引きでサービスしてますので」
と言われたら、次の2つだけ言ってみてください。

  1. 知り合いが他店のケーズ電気でUSBをまけてもらった
  2. ヤマダ電気は常時やっていますよね

何らかの付加価値を受けることができるでしょう。

わたしの場合は、実際に以前ケーズの店長にとてもよくしてもわったことをキッカケにケーズ中心で買い物をしておりますので、
「できれば、ヤマダ電気よりこちらで契約したいんです」
と率直に申し上げました。


–スポンサーリンク–

余談

2013年5月現在、あれから2年、docomoのwifiは解約しました。
その理由は、wifiの設置店の普及で、月数千円(最大4千~5千円ほど)払い続けるより、外では近くの設置店で利用したほうがよ便利になったからです。

ちなみに今では、モバイルのネット接続はwifi以外使用しておりません。※E-MAILもwifiで確認できます。
ただこのやり方を行うためには、スマートフォンやタブレットではmobile通信はオフにしておく必要があります。
なぜなら、電源を入れておくだけで、勝手にネットに繋がりニュースなどの情報を取得してしまうからです。

ともあれ月数千円とはいえ、これで目に見えないものへの出費が減り基本料だけで済むようになりました。

しかも、mobileは便利さが故に束縛されがちです。このことからも解放された次第です。

–スポンサーリンク–

simロック解除について

simロックを解除して、docomoの電波でiPhoneを使うには、iPhoneがsimロックフリーでなくてはなりません。
そして、これは日本製では無理ですので海外製を体に入れる必要があります。

例えばこちらは、16Gで海外版SIMフリー版のiPhone5です。
【海外版SIMフリー】iPhone5 16GB BLACK ブラック 黒

ただ、安くても7万円代と割高なので、違う方法だと、iPhone4ならこちらでsimロック解除ができるようです。

更に、通信料も安く使用したい場合、150kbpsと低速でいいならこちらがお得です。
SNS程度ならこれでも十分でしょう。
日本通信 bモバイル スマートSIM 月額定額 980円[標準SIM] BM-AMGT980L

500MBなら1980円でいけます。
日本通信 bモバイル スマートSIM 月額定額 1980円[標準SIM] BM-AMGT1980L

著者情報

山田招憲
Wordpressを使ったSEOからの集客を含むアクセスアップサポートを行っています
(検証サイト3000サイト以上)
詳しいプロフィールはメルマガ内で…