ホームページ制作が初めてで、申し込み前に何をどうしたらいいのか、あなたは戸惑っているのではないでしょうか?

ホームページの制作とはいえ、制作会社に依頼すれば簡単に作ってもらえるものではありません。

そのため、ホームページの制作を考えているのでしたら、申し込み前にチェックしておくことが沢山あるのです。それは、あなたもインターネットで、ホームページ制作会社を探していてお気づきかもしれませんね。

そして、ホームページ制作について、このような疑問をお持ちなのではないでしょうか?

人気で有名なホームページ制作会社では予算が合わないのでは?

なるべく低価格でとなるとどんな仕上がりになるのだろう?

安心できるホームページ制作会社の選び方が分からない

自分の求めるホームページにはどんな機能が必要なのか?

ここでは、あなたのそのような疑問がクリアになるように、ホームページ制作会社の選び方や、依頼する際の注意点、平均費用の相場、ホームページの機能やツールなどと合わせ、人気の高まっているWordPress(ワードプレス)にも触れて参ります。

ホームページ制作が初めての方の目線で、できるだけ、詳しく解説していきますので最後までご覧ください。

あなたのホームページ制作が成果あるものとなりますよう、是非とも申し込み前にチェック項目としてご活用いただけますと幸です。

目次

ホームページ制作会社の選び方、見積もりだけでいい?優良会社の見極めポイントとは?

ホームページ制作会社の選び方で、見積もりをとることはよく耳にするお話ですが、それだけで本当にいいのでしょうか?見積もりの金額だけで、優良なホームページ制作会社を判断しようとしていませんか?

「自社ホームページが古くなってきたから、リニューアルしたい」「ネットショップ開業するのでホームページを作りたい」

そのように考えているならば、ホームページ制作会社は、優良な業者を選びたいですよね?

GoogleやYahoo!で検索してみると、沢山のホームページ制作会社があり選びきれず悩んでいるところ、このような選び方の基準を目にしたのではないでしょうか?

「複数のホームページ制作会社に見積もりをとるべき」

これは、ホームページ制作を依頼するにあたり確かに大切なことです。

ですが、各社に出してもらった見積書で制作費用を見比べ”料金が高い、安いだけ”で判断するのは得策とはいえません。

とくに、ホームページ制作会社で簡単なヒアリングですぐに見積書を渡され、しかも料金が激安だったとしても、発注を急ぐべきではありません。

なぜなら、優良なホームページ制作会社は見積りであっても、ヒアリングにとことん時間をかけるからです。

これは、ホームページ制作会社の選び方のポイントになります。

ホームページ制作と一口にいっても、型にはめてポンと完成するものではないですし、あなたの目的や要望あるいは業種により、どんなホームページが最適で何が必要かということを見極めるためです。

優良なホームページ制作会社ほどしっかりとヒアリングを行い、必要なもの、不要なものを明確にして提案書にまとめ、適正な価格を提示してくれるでしょう。

ですので、ホームページ制作会社の選び方としては、【ヒアリングをしっかりと行い、見積書、提案書を作成して
手順や内訳をきちんと説明してくれる制作会社を選ぶようにするといいでしょう。

ホームページ制作会社の見積もり前のポイント

ホームページ制作会社の選び方のポイントとしては、ヒアリングや相見積もりの前に、手あたり次第ホームページ制作会社に見積もりをとるのではなく、まずは、このようなことを事前に確認するといいでしょう。

  • ホームページ制作会社の制作実績(制作担当者のポートフォリオ)から、あなたと同業種のホームページを手掛けたことがあるか?
  • デザイン、特徴、強みが強調されているか?それがあなたの求めるものとマッチングしているかどうか?
  • SEO知識やノウハウ、マーケティングに精通しているか?(Webディレクター、Webデザイナー、Webプログラマーを紹介しているプロフィールなどがあると、なお良いでしょう)

など、これらをWebサイトで明確に記述しているホームページ制作会社を、絞り込みから始めてみてはいかがでしょうか。

もしも、あなたが選び方に迷う、よく分からなくて不安でしたら、あなたに合った最適なホームページ制作会社を選んで無料でマッチングしてくれるサイトもあるので、活用してみるというのも1つの方法だと思います。

会社やショップのホームページは、あなたが休んでいる時でも商品の紹介や会社のPRをして働いてくれる優秀な営業マンになりうるので、ホームページ制作会社選びは慎重に行うようにしましょう。

ホームページ制作、事前準備はできてる?必要なものとは?

ホームページ制作会社に見積もり、発注前に必要なのは事前準備です。

あなたが事前準備をしていないと、ホームページ制作会社に意図やイメージが伝わらず、見積もりが高くなってしまうこともあるのです。

事前準備としては提案依頼書の作成です。

提案依頼書があると、ホームページ制作会社の担当者に伝わりやすくなるといわれています。

まずは、あなたがホームページの制作するにあたり、目的、課題、予算、納期、システム環境(パソコンスペック)、運用、保守などを明確にする必要があります。

たとえば目的であれば、美容院のホームページを作りたい、新規オープンなので周知、集客ターゲットは女性なので女性向け、年齢層は20代~30代くらい、店舗がある地域、アピールできる特徴や強み…など

そして、デザインやイメージは口頭では伝わりづらいので、気に入っているサイトを複数ピックアップし、サンプルとして提出できるよう準備しておくといいでしょう。

ホームページ制作会社との相違をなくすため、適正な見積もりをだしてもらうためには、事前準備は大切です。

ホームページ制作、 依頼まえの注意点とは?

ホームページ制作を依頼するまえの注意点はあるのでしょうか。

あなたがホームページを制作会社に初めて依頼するのでしたら、どんなことに気をつけるべきか?
注意点があるなら、知りたいという人も多いのではないでしょうか。

ホームページは集客、成約率にも影響しますので、依頼後に「失敗した」と後悔したくありませんよね。

こちらにつきましては、まず、ホームページ制作を依頼する前なので、見積もり時の注意点ともいえますが、曖昧にしないことと確認を怠らないことです。

そこで重要になるのが、ホームページ制作会社の対応や取り組む姿勢はどうなのか?という点にも注意するといいでしょう。

  • 専門用語ばかり使って話を進める
  • 一方的すぎてコミュニケーションがとれない
  • 保守や運営についての話をしない
  • 保守や運営で月々管理費が不明瞭
  • 料金の内訳が適当で詳しく説明できない
  • プロジェクト(ホームページ制作)に関わる制作担当者と話ができない
  • メリットばかりでデメリットやリスクの話をしない

ホームページ制作会社の担当者の雰囲気がいくらよくても、このような対応ならば、検討する余地があるでしょう。

もしも、あなたが「どこもこんなもんかな?」と確認もせず曖昧な気持ちのまま、その制作依頼をしたとして、スムーズに打ち合わせが進まないばかりか、ホームページの完成度も低くなる可能性もありえるので注意が必要です。

ホームページ制作依頼でのトラブル?

ホームページを制作会社に依頼するとき「お任せします」の一言、これが後々トラブルや揉め事に発展しているケースも少なからずあるようです。

ホームページをつくってもらうにしても、何をどうしたらいいのか?なんだかよく分からなく曖昧に「おしゃれな感じで」、「カッコイイやつで」「デザイン重視で」、「シンプルな雰囲気」このように伝えてしまうと、これはトラブルのもと。

あなたがイメージしていたものとは、かけ離れたホームページに仕上がってしまう可能性があります。

それは、個々の感性によるものですので、あなたのシンプルと制作担当者のシンプルでは違いがあるからですね。

ホームページが完成したあとでは、サイトの構造上プログラミングなどをいちからやり直すこととなり、制作会社との契約によりますが、修正回数が決められていて、追加費用がかかることもあります。

このようなことも起こる可能性もありますので、ホームページ制作会社やデザイン事務所そして個人で制作を請負っているフリーランス側では、ホームページ制作にあたり依頼時の注意点を細かく記述しているところも増えています。

「揉めたくないな」と思っているのは、あなただけではなく、依頼を受ける側も感じていることだといえるでしょう。

ですので、ホームページ制作依頼の際はトラブルや揉め事にならないよう、すべて制作会社任せにしないこと。
分からないことを曖昧にせず、きっちりと何度も確認をとるよう心がけるといいでしょう。

そして、あなたが集客力や成約数をホームページにもともと求めていなく、デザイン重視の目的であれば、ホームページ制作会社の特徴に、デザイナーを強調しているところから選ぶといいでしょう。

ホームページ制作費用、 1ページ単価を目安にするべき?

ホームページの制作費用は、1ページ単価で計算するとトータル金額の目安になるのでしょうか?

「1ページ単価が安い制作会社なら低価格でホームページができる」

あなたはそう思われているかもしれませんね。

ホームページを制作会社に依頼するのが初めてでしたら、1ページあたりの単価で単純計算したくなるお気持ちよく分かります。

ホームページ制作、1ページあたりの単価は、複数の制作会社全体を通してみると5,000円~40,000円と料金設定の差は大きく違っているので、5,000円なら10ページで5万円くらい?40,000円なら10ページで40万円!?だったら1ページ単価が安いところに依頼しようか…と早合点していいませんか?

こちらのホームページ制作費トータル金額につきましては、1ページ単価のみでは算出できないようです。

その理由は、ホームページはシステムや難易度により、別途料金がかかるケースもありますし、ホームページの1ページ単価とはいえ、トップページと他のページ(下層ページ)では金額に違いがあるからです。

Webサイトのトップページは、デザイン、機能、情報量があり、複雑な仕様で構築されているので、制作会社では、トップページに限り、1ページ単価は高めに設定しているケースが多くみられます。

ですので、1ページ単価が4万円するホームページ制作会社で、これがトップページの単価を明記しているならば、他のページ(下層ページ)はもっと安くなるはずです。

あなたが発注するホームページのページ数にボリュームがあれば、パックプランによってセット割引している制作会社もあります。

そうすると、1ページ単価が高くみえても、まとまったページ数の依頼ならば、単価がグッと安くなるケースもあるでしょう。

質の良いホームページを制作してもらうならm1ページあたりの単価で概算するのではなく、どこまでできるのか?何ができないのか?を
制作会社側の担当者に詳しく説明を受けることが大切です。

ホームページ制作費用の2019相場情報。平均でどれくらいの金額かける?

2019年の相場情報でホームページ制作費用は、いくらくらいの金額が平均なのでしょうか?

「ホームページ制作費用にかける金額の平均は?」
「ホームページ制作会社に依頼すると相場はどれくらい?」

ホームページの制作を手掛ける制作業者は、数多く存在していることもあり、それを知ったあなたは、驚くと同時に困惑しているのではないでしょうか?

フリーランスやデザイン会社、大手制作会社まであり、基準が分からない上、相場もピンキリで悩まれると思います。

こちらにつきましては、ホームページ制作費用の相場やホームページにかける金額の平均は、ひとまとめで価格を表すことは非常に難しいとされています。

現在(2019年)ホームページ制作費用の相場情報を確認した方はお気づきかと思いますが、ホームページ制作にかかる費用はまちまちでアバウトというこの理由も、ホームページ制作業者の規模、個人のフリーランスに頼むか、大手に制作会社に頼むかにより違いもでてきますし、ホームページ制作を依頼する側のコンセプト、目的や業種によっても金額に大きな違いがでてくるからです。

そこを無視して数字に表すとすれば、2019年のホームページ制作の費用相場は、安くて5万円~、高いと100万円以上かかるといわれています。

そして、ホームページ制作にかける平均金額も30万円くらい、80万円前後くらいと分散していますが、おおよそこの範囲内での予算が多いようです。

ホームページの制作は職種、目的で費用に違いがあるの?

ホームページ制作と漠然にいっても、職種や目的により作り方が異なり、作業工程、ページ数、必要な項目、要素、システム機能にも違いがあるため、一概にいくら費用がかかるとはいえないようです。

たとえば、ピアノ教室や中小企業などの会社案内、PRなどが目的で、名刺代わりやパンフレットのようなホームページと、株式会社などの大企業や不動産会社などの集客や成約率を上げる目的のホームページとでは、仕様や機能やボリュームさえ違ってくるからです。

そして、今やGoogleが推奨するモバイルフレンドリーサイトにするには、スマホ対応(レスポンシブ)が求められているので「スマホ対応のホームページをつくりたい」と考えている方も多いと思います。

大体のホームページ制作会社では、あらゆるデバイスで閲覧できるように、レスポンシブデザインを標準仕様で勧めていますが、制作会社によっては、スマホ対応(レスポンシブ)は別途料金がかかる追加オプションとなっている場合があり、スマホ対応ではないサイトとスマホ対応しているサイトを作るのでは費用面に差がでるでしょう。

このため、ホームページの種類や制作業者によって相場に変動があるので、しっかりヒアリングを行い、見積もりをだしてもらうことが賢明です。

それでも、ホームページ制作に見積もりをお願いする前に、ある程度、現在(2019年)相場や平均金額を知りたいとなると、こちらも、気になるところではないでしょうか。

業種によりホームページ制作費用が変わるなら、参考になるのは同業者?

「同業者はホームページ制作に一体いくらくらいかけているのか?」

こちらですと、各社で業種や目的別に、ホームページ制作、導入実例として挙げているので参考になるでしょう。

5万円くらいの予算でホームページ制作となると?目的は?

5万円くらいの予算でホームページを制作したいけれど、どんな目的なのでしょうか。

5万円くらい、もしくは5万円以下の予算でホームページ制作を発注している人の多くは「ホームページ制作費用を抑えたい」という予算面を考慮した理由となっていました。

その他、5万円くらいの料金でホームページ開設した目的や理由はこのようになっています。

  • 名刺代わり、会社案内の代わりに
  • 新規で会社を立ち上げたのでとりあえず
  • HP作成無料のソフトを使ってみたけれど自作は難しかった…など。

インターネットの普及にともない、商品購入やサービスを利用するユーザーは、スマホ、パソコンを使ってWebサイトを検索するというのが当たり前な環境になっています。

このため、自社ホームページを開設する個人事業主、中小企業も増えているのでしょう。

5万円くらいのホームページ制作は、会社やショップを認知してもらうための会社案内代わりであり、本腰を入れたマーケティングを目的としたものではないようですね。

5万円くらいの予算でホームページ制作を請負っているのは、制作業者以外のクラウドワークス、ランサーズ、ココナラなどのクラウドソーシングなどでフリーランスのWebデザイナーが多くみられます。そして、5万円くらいのホームページは、5~6ページを想定しているものや、1枚完結型で縦長のシングルページ、LP(ランディングページ型)などで、ページ数や作業工程が少ないこともあり、納品はわりと早めだといわれています。

テンプレートを使用するので、オリジナリティには欠けるかもしれませんが、会社案内代わり、名刺代わりとお考えでしたら、納品も早く低価格でホームページが開設できるのはメリットといえるでしょう。ですが、制作会社によりホームページ制作の初期費用が5万円で、ほかに月々管理費が数千円かかる場合があることや、ご自身で文章や写真を用意する必要があるということを念頭にいれておくべきです。

文章のWebライティング、写真素材、SEO対策を強化の要望があれば、別途オプション(有料)で対応してくれるホームページ制作会社もありますが、それだと予算5万円は超えてしまうかもしれません。

10万円程度のホームページ制作、どんな目的?

10万円程度でホームページの制作を依頼しているのは、個人で店舗を経営している人や、社内にWeb担当者がいるケースが多いようです。

ホームページ制作会社に、CMSの「WordPress(ワードプレス)」、「Jimdo(ジンドゥー)」、「wix(ウィックス)」で必要最低限のサイトを作ってもらい、その後の更新(文章や写真の差し替え、追加)が自分でできるようにする方法です。

パン屋、雑貨屋、ネイルサロン、美容サロンなど、ユーザーに新商品の紹介やイメージを伝えたいという目的で、頻繁に更新したいオーナーさんに最適なホームページといえますね。

通常、ホームページ制作会社でつくるサイトは、更新やメンテナンスは制限があったり、制作者側で行うため料金が発生したりします。

毎月のこととなると、お金の心配もでてくるでしょう。

このようなこともあるため、自社ホームページの更新頻度が高い、情報発信が多い場合は、ランニングコスト削減や、自由更新にできる「WordPress(ワードプレス)」、「Jimdo(ジンドゥー)」、「wix(ウィックス)」などのクラウド型CMSを利用したホームページ制作が選ばれているようです。

ただし、ホームページ制作の費用を10万円くらいにおさめたいとなると、制作費5万円のホームページと同様に、テンプレートはある程度限られたものになります。

こだわったデザインやオリジナリティを望むならば、物足りなさを感じてしまうかもしれません。それと、ホームページは運用となるので、制作会社に作ってもらって終わりではなく、定期的に更新する必要があります。

そこを踏まえて、10万円程度の費用でホームページ制作を依頼し、都度、更新しながら自分で作りあげたい目的がある人にはおすすめといえますね。

30万円から40万円くらいでホームページ制作をしている職種といえば?

30万円から40万円くらいの費用でホームページ制作を発注しているのは、職種でいうと、美容室、動物病院、整骨院、接骨院、飲食店などが多いようです。

ある程度、サービス内容や価格が固定され、変動が少なめの業種に向いているホームページだといえるでしょう。

自社の会社概要、料金表、特徴、アピールポイント、お問い合わせなど、必要最低限の情報を10ページから20ページ以内くらいにまとめ、それなりのSEO(検索エンジンの最適化)対策を実装してくれる制作会社もあるようです。

ホームページ制作会社により、決まったテンプレートではなく、あなたのビジョンや要望が盛り込まれたオリジナルデザインでホームページを作ってくれるところもあり、5万円~10万円のホームページでは叶わなかったことが実現できるかもしれませんね。

そうなると、同業者の競合サイトに近づく仕上がりになるでしょう。

ただ、30万~40万円の価格帯ですと、オリジナルデザインでホームページ制作を受注している業者は少なめなので、基本的には、すでに用意されているテンプレートの中からデザインを選び
画像素材や文章の原稿は、自分で準備しておく必要があるとのことです。

そして、SEO対策を実装してくれても、SEOが最適で強化された構築方法ではないため、ネット検索で順位をあげるにはSEO対策は別に考えておくことが重要なのかもしれません。

30万円くらいでホームページ制作依頼した美容室などでは、SEO対策のため自社ホームページ内にブログを設置したり、集客UPにつながるSNS(インスタ、facebook、Twitter)設置するなどして工夫や努力されている様子がうかがえます。

これらを含め30万円~40万円代くらいの費用で、美容室のホームページ制作を受注している業者も存在するので、実績のある制作会社を選ぶようにするとよいのではないでしょうか。

100万円以上かけたいホームページ制作、依頼する目的は?

100万円以上の費用がかかるといわれているホームページ制作を依頼する目的は、インターネットでの集客、成約を獲得するための戦略としてというケースが多いようです。

そして費用対効果を大きく上げる目的として、SEO対策のみならず、コンサルティング、Webマーケティング、ブランディングなどが必要不可欠となるため、専門的な知識やノウハウの援助をしてもらわなければなりません。

これにより、コンサルティング料が含まれるため、ホームページ制作費用総額は100万円以上かかるといわれているのです。

費用対効果を上げるホームページを維持するには、当然のごとく運用、保守管理費用も高額となるようです。

「でも、100万円以上はちょっと予算外かな」と、あなたは思われるかもしれませんね。

ですが100万円以上の費用をかけたホームページのコンバーション率が上昇すると、売上を伸ばすことも期待できるので、数ヶ月でもとがとれるという可能性もあるといえるのではないでしょうか。

100万円以上のホームページ制作を依頼しているのは、オンラインショップなど独自のECサイト(電子商取引)を開設する事業主や、コーポレイトサイト(企業サイト)開設やリニューアルのため、中小企業、大手企業などが主となっているようです。

Webでの集客、成約率を高めたいのでしたら、ホームページ制作には100万円以上の費用が必要になるといっても過言ではありません。

ですので、目的を達成するには、マーケティング戦略のプロが在籍、もしくは繋がりがある制作会社を選ぶべきです。

東京で格安のホームページ制作会社、気になる評判は?

東京でホームページ制作会社を探していると、「格安」という文言が目につき気になっているのではないでしょうか。

「格安でホームページ制作って大丈夫なの」
「格安のホームページは粗悪なのでは?」

そんなとき、東京にある格安ホームページ制作会社の評判が気になるところですよね?

東京でホームページ制作会社は、他の地域と比べると非常に多いこといわゆる激戦区。

そのため「ホームページ制作が格安」を売りにしている制作会社もたくさんあり迷われるでしょう。

こちらにつきましては、東京に所在するホームページ制作会社で格安のプランを選んでいる依頼者の口コミから評判が分かりました。

格安ホームページ制作会社でホームページの作成を依頼した方々は、費用面を考慮した上で発注していることもあり、口コミレビューをみても、ホームページの完成度に納得していて評判は良いものとなっていました。

  • ここまで丁寧に仕上げてくれるとは思っていなかった
  • スマホ対応のホームページが欲しかったので安くあがって良かった
  • レスポンス、納品までがスピーディーで助かった
  • HPリニューアルが低価格でできたので正解でした…など。

東京では初期費用39,800円(5ページ)+月額4,800円という格安の値段でホームページを制作を受注していて、その後の運用やサポートをしてくれる制作会社もあり、依頼している人も数多くいました。

格安でホームページ制作となると、対応や仕上がりに不安を感じるかもしれませんね。

ですが、実際に東京で格安のホームページ制作を受注している会社担当者の対応もしっかりとしていて、アフターフォローもあり、制作実績をみてもスマホ対応でキレイに仕上がっているので、値段が安くてもここまでできるのだという印象をうけました。

格安でホームページ制作を依頼している方の目的は、集客力や成約数UP目的というよりは、会社案内を目的としているようです。

自社の会社名、店名をインターネットで検索されたとき、ホームページすらない…これでは信頼されないのでは?

古くなったホームページでは会社のイメージがよくないな。というような経緯で、ホームページ開設やホームページリニューアルに踏み出しているようです。

この目的だからこそ、格安でホームページができるなら、納得の価格で評判もよいのでしょう。

ただし、格安のホームページ制作となると、デザインや機能は制限されることや、ホームページの基礎であるベースは制作会社で構築してくれますが、その後は自分で作り上げていく必要があります。

そこが問題でもなければ、格安ホームページ制作でも理にかなうでしょう。

東京で格安のホームページ制作を依頼するのでしたら、各社の制作実績、内容をしっかり確認し、できたら、サポートが受けられる制作会社を選ぶといいでしょう。

格安料金でホームページ制作ならWordPress(ワードプレス)がおすすめ

格安料金でホームページを制作したいと思い、WordPress(ワードプレス)を検討している方も多いのではないでしょうか。

WordPress (ワードプレス)は高機能であり、「SEOに効果的である」とSEOの専門家が認めているほどなので、あなたもその情報を聞いて、ホームページを制作するならWordPress(ワードプレス)だと思ったのかもしれませんね。

ホームページ制作の料金をおさえたいとなると、自身でドメイン取得して(ムームードメインやバリュードメインなど)、レンタルサーバー(ロリポップ、エックスサーバー)を借り、ワードプレスで作るのが一番格安でおすすめとなります。

ですが、これで納得できる人は少ないでしょう。

それは知ってる、分かっているけれどホームページが開設できないから困っている

というWordPress(ワードプレス)で、行き詰りを感じ戸惑っている人がとても多いのです。

WordPress(ワードプレス)は難しい?

WordPress(ワードプレス)は、難しいという人もいれば、簡単だよという人もいます。

けれどやはり初めて自作でホームページをつくる人は、このように感じているのです。

「イメージ通りのデザインにならない、なんで?」
「思うように表示されない、どうしたらいい?」
「動かしたいのに、意味がわからない難しい」

あなただけではありませんでしたね。

WordPress(ワードプレス)は、簡単にできる作業と、こだわった機能まで実装できる有能なクラウド型(CMS)ホームページ作成ソフト。

ですが、WordPress(ワードプレス)のこのこだわった機能が、初めての人には、難しく曲者だったりするんですよね。

使いこなせるといろいろ叶えてくれるけれど、HTMLで文字や段落、CSSで色付けや装飾、JavaScriptで動きをだす、それにWordPress(ワードプレス)はPHPというプログラミング言語まで飛び出します。

難しくて混乱しますよね?

HTMLで大見出しが「h1」、小見出しが「h2」、引用符は「"」などは、なんなくみたことはあっても、そうそう使いこなせるものではありませんよね。

なんとか頑張って自力で勉強してホームページ制作したいのでしたら、【通信講座でWordPress(ワードプレス)入門講座を受講する方法】があります。

ただし、知識やスキルは身につきますが時間とお金を要します。(例:デジハリ(デジタルハリウッド)ONLINE・受講期間全3ヶ月・受講料96,800円税込)

自力ではちょっと…あと時間や費用面で難しいと思う方は、【格安料金でホームページ制作会社の依頼し、WordPress(ワードプレス)でホームページの基礎を、プロに仕上げてもらうという方法】があります。

デザインの設計図(ワイヤーフレーム、モックアップ)を作成してもらえたら、あなたの労力も軽減されるでしょう。

WordPress(ワードプレス)を利用して、格安でホームページ作成代行を請負う制作会社、フリーランスは多く、制作料金も29,800円~10万円くらいで、おしゃれなデザインで、見栄えのいいホームページに仕上げてくれるでしょう。

ホームページ制作でブログ機能は必要。その理由とは?

ホームページ制作で、ブログ機能を追加する必要はあるのでしょうか。

ホームページ制作でCMS利用してブログ機能を追加したほうがいいと制作会社に提案されたけど、疑問に思っていませんか?

「ブログが必要なのか分からない、なぜ?」
「他でブログ書いているからリンクすればいいんじゃない?」

このように考えている人も多いかもしれませんね。

ホームページ制作でブログ機能があったほうが良いと制作会社が勧めるのは、きちんとした理由があってのことです。

実はブログ機能が自社ホームページにあれば、内部SEO対策にもなりますし、

サイト内ブログあるのとないのとでは、アクセス数、直帰率にまで影響があるからです。

ブログ機能がある場合、ホームページ内に訪問者にとって有益な情報がたくさんあるとアクセス数が増え、ホームページに留まり購買意欲を湧かせられます。

ブログ機能がない場合、ホームページを訪問した人が必要とする情報が少なければ、すぐにそこから離れて違うサイトにいってしまいます。

これでは直帰率が高まり、SEOでは価値有るサイトではないと判断される可能性すらあるのです。

必然的にネットで上位表示はされず、アクセスはどんどん減り、売上に伸びに悩むかもしれません。

そして、ブログ機能が持つパワーはそれだけではありません。

自社ホームページにスタッフが書いたブログがあると、訪問者は興味を持つもの。

ホームページ内では、紹介できていない新商品やサービスの良さ使用感、お得な情報などブログ機能があれば、随時更新できるので
購買意欲のある訪問者が求めていることを提供できるのです。

そして、訪問者はブログをみて経営者やスタッフの人柄を判断していることもあり、それによって購入するか否かを決定することも少なくありません。

「それは他のブログでやっているから大丈夫」と、思っている人もまだいるのではないでしょうか?

外部のブログとリンクすることは、あなたのホームページにつながる窓口となるので決して悪いわけではありません。

ですが、ホームページに訪問した人が外部リンク先のブログにとんでしまうと、直帰率にも影響しますし、あなたのホームページに戻ってこなくなるという事態になってしまうことも。

これでは、いくら良い製品、サービスを提供していても、訪問者に充分に伝えられなくなってしまうでしょう。

このようなこともありホームページ制作会社では、ブログ機能の追加を勧めているのです。

ですので、ブログ機能の提案をしてくれる制作会社は、依頼主にとってメリットある最適なプランを提案しているといえるのではないでしょうか。

ホームページ制作でお問い合わせフォーム設置するメリットとは?

ホームページ制作でお問い合わせフォーム設置すると、どんなメリットがあるのでしょうか。

「電話番号があればいいのでは?」
「メールでいいんじゃない?」

そう思う人も多いのではないでしょうか?

ですが、お問い合わせフォームを、ホームページ内に設置することは結構重要です。

ホームページ制作を依頼する際、お問い合わせフォーム設置は、プランの中に含まれているかどうかを確認するようにしましょう。
といいますのも、ホームページ内にお問い合わせフォームが設置されているとメリットがあるからです。

あなたのホームページで気になる製品などがあって訪問者が質問したいとなったとき、メールアドレスをコピーしてホームページから離れ、メールを立ち上げ質問する。この流れを煩わしく感じる訪問者もいるのです。

「面倒くさいから、あとでいっか…」となると、別のサイトで調べて、そちらで購入を決めてしまうかもしれません。

それが、ホームページ内にお問い合わせフォームが設置されていると、流れに沿ってスムーズに質問ができ、訪問者にとってはメリットとなります。

お問い合わせフォームは24時間対応で、自動返信メールの設定ならば訪問者にメールが届き、ひとまず安心できるでしょう。

ホームページ運営者側のメリットは、メールアドレスを非公開にできるという点です。

会社やショップのホームページでは、メールアドレスを明記すると、毎日迷惑メールが沢山届きます。

これは、お客さんではなく、スパム業者による迷惑メールなので、英語やら中国語やら様々なメールが送信されてきます。
この迷惑メール防止対策として、ホームページ制作の際は、お問い合わせフォーム設置は欠かせないないといえるでしょう。

そのためにも、ホームページ制作会社で見積もりを出してもらう際、お問い合わせフォーム設置が標準仕様なのか、別途追加するものなのかを確認するようにしましょう。

ホームページ制作ツール、採り入れたい最新のチャットサポート機能とは?

ホームページの制作ツールで採り入れたい、最新のチャットサポート機能はどんなものなのでしょうか?

ホームページ制作で心がけたいのはレスポンス(応答)の速さ、となると、チャットサポート機能は欠かせないツールとなるでしょう。

チャットサポート機能って?なんだろと思う人もいますよね。

ホームページ画面右下に出てくる「困ったことはありませんか?」など小さなウィンドウ。それがチャットサポートです。

ホームページに訪問したユーザーを接客してくれる機能で、Web接客ツールの中のひとつです。
AIを使って自動的に返信、または対人での応対も可能にできる画期的なツールなのです。

ホームページ制作では、ユーザー目線になることが大切です。

ユーザーが会社やショップに求めているのは、即時に情報を知りたい、回答はスムーズであって欲しいなど、困ったことは、すぐに解消したいと思っています。

そして近年では、メール機能や電話で応答を待つよりも、手軽で便利なチャットを選ぶ人も増えています。

あなたのホームページに訪れたユーザーは、全ページを閲覧して理解している人は少なく、サイト内で迷うこともあります。

そんなとき、チャットサポート機能のあるホームページならば、ユーザーはチャットを利用して、瞬時に回答が得られると利便性を感じるものなのです。

チャットサポート機能は、ユーザーの困ったを解消するだけでなく、満足度も上げてくれるツールとなるでしょう。

そして、経営者にとっても、ホームページ訪問者の離脱を防ぐことは利点となりますね。
チャットサポート機能は最新のツールであり、ユーザー、経営者ともにメリットがあるといえるのではないでしょうか。

チャットサポート機能は、無料で設置できるものと、有料になるけれど機能が多いものまでたくさんあります。

チャットサポート機能を導入するには、ホームページ制作会社にチャットサポート機能を追加してもらうケースと、クラウド型CMS(ワードプレス、Jimdo)タイプのホームページならば、ご自身でプラグインから追加することも可能となっているようです。

ホームページ制作はこれからという方は、最新のツール、チャットサポート機能をとりいれてみてはいかがでしょうか。

ホームページ制作、支払い機能はどうする?

ホームページ制作で支払い機能は、どうするべきかと迷われていませんか?

ホームページ制作でネットショップ(EC)サイトを立ち上げたいとお考えでしたら、支払い機能は必須です。

ネットショップのホームページを制作したくても、支払い機能がなければ商売ははじまりませんよね?

「いやいや購入が決まったら、銀行口座をメールで教えてお客さんにお金を振り込んでもらえばいい」この考えでは、もう古いかもしれません。

なぜなら、昨今スマホの普及で、インターネットで買い物をすることに抵抗がなくなり、「ポチッ」とするだけで、欲しい物が手に入るというシステムは当たり前となっているからです。

だからこそ、あなたもネットショップを立ち上げたいと、思いついたのでしょう。

今では、Web上の支払い機能も豊富でこのような種類があります。

オンライン決済プラットフォーム(PayPal、Yahoo!ウォレット ファストペイなど)、決済代行会社(クロネコwebコレクト、ROBOT PAYMENTなど)、支払い機能を探していた方ですとご存知かもしれませんね。

経済産業省の調べで、ネットショップで商品を購入する場合、支払い方法として、クレジットカード決済を選んでいるユーザーが多いというデータもあり、「ネットショッピング=クレジットカード払い」が周知されています。

だからといって、これらを通さずホームページ制作時に支払い機能でクレジットカード決済を導入しようとすると、個人事業主がクレジットカード会社と取引するには、セキュリティや審査などの難関が立ちはだかります。

そして自分でホームページ制作をして支払い機能の決済システムを構築するとなると、プログラミングの知識(API)とセキュリティ対策が必要となります。

このため、支払い機能をホームページに導入するのなら、オンライン決済プラットフォームや決済代行会社を利用したほうが、断然スムーズになるでしょう。

ただし、オンライン決済プラットフォームや決済代行会社を選ぶ際、セキュリティがしっかりしている業者でなければ安心安全とはいえません。

もしも、あなたが「自分で選ぶのが不安」と感じているのでしたら、初期費用、月額費用0円でネットショップ開設ができて、決済システムがすでに導入されているBASE(ベイス)を
選択肢にいれてみてはいかがでしょうか。(クレジットカード、銀行振込、コンビニ、後払い、キャリア決済、PayPal(ペイパル)の6つの決済)

もちろんセキュリティ面でも安心の常時SSL化対応となっています。

ホームページの支払い機能は、ネットショップに欠かせないツールなので、まだ取り入れていないというのでしたら、これを機にホームページリニューアルを兼ねて、ホームページ制作会社に相談してみてはいかがでしょうか。

ホームページ制作、追加したいシステム、カウントダウンタイマー機能は役立つ?

ホームページ制作で追加したいカウントダウンタイマー機能のシステムは果たしてどんなことに役立つのでしょうか?

ホームページを制作する際、様々なシステムを導入したいと思いませんか?

そこで、あなたが気になっているのは、カウントダウンタイマー機能ではないでしょうか。

「カウントダウンタイマー機能は気になっているけれど、どんな風に役立つの?」というと疑問もあると思います。

こちらについては、ホームページにカウントダウンタイマー機能の設置は、ユーザーの購買意欲を高めるために役立ちます。

なぜなら、キャンペーンやセールの期限が迫っていることが、カウントダウンタイマーによって目に見えるため、ユーザーに臨場感が伝わり「今、買わなきゃ」「欲しい!」という心理に駆られるからです。

そして本当は欲しいのに迷いのあるユーザーは、買うか否かで悩みサイトから離れてしまうというケースもあります。

そのようなとき、カウントダウンタイマー機能があれば、期間限定が強調され、迷っていたユーザーが決断できるということもあるのです。

購入したい人は、迷ったとき、誰かにそっと背中をおして欲しいという心情が働くものですね。

結果これが成約率UPにもつながってくるので、カウントダウンタイマー機能はネットショップを運営している方に人気のツールとなっています。

折角、ネットショップサイトをホームページ制作会社に作ってもらっても、アクションを起こさなければ、売上を伸ばすことは難しくなるでしょう。

インターネット上で商売を始めるなら、数あるネットショップの中から選ばれなければなりません。そのため工夫と秘策は必要です。
ホームページ制作時にカウントダウンタイマー機能を追加し、上手く活用してみてはいかがでしょうか。

ホームページ制作ツール、ポップアップは迷惑?ポップアップ機能メリット・デメリットとは?

ホームページ制作のツールなどで見かけるポップアップ機能は、迷惑なのでしょうか。

また、メリットもなくデメリットばかりなら、ホームページにポップアップ機能は設置しないほうがいいのかと、あなたは悩んでいるのではないでしょうか?

ホームページ制作できるツール、BiNDup(バインドアップ)などでは、ポップアップ機能が簡単に設定できるようになっていますね。

ポップアップ機能は、ホームページ制作をしている人でしたらご存知かと思いますがホームページ画面に、突然ひょっこり現れる小さなウィンドウです。

「割引クーポン」、「キャンペーン予告」、「おすすめ商品」「メルマガ登録」、「無料資料請求」などのバナーが、ホームページを閲覧中に表示されことはありませんか?

でもこれが、「ポップアップは迷惑」、「ポップアップ邪魔」といったユーザーの声があり、ポップアップ機能はデメリットだという人がいたり、一方、コンバーション(顧客転換)率の改善ができる、メリットある機能だからポップアップは取り入れたほうがいい…など、ホームページを制作している人は、混乱しているのではないでしょうか。

ポップアップ機能、採り入れる?入れない?

このポップアップ機能については賛否あるようで、このような見解がみられました。

ポップアップ機能に対して、Googleは好意的ではないようで、SEOの評価に影響を与えると提唱されています。

ポップアップが影響し、SEOの評価が下がれば検索順位も落ちる恐れがある、これはデメリットですが、そういわれている反面、大手企業ホームページなどでは、ポップアップ機能を活用している状況が続いています。

このことから、ポップアップが表示されることが「迷惑」ではなく「必要」としているユーザーがいるため、大手企業ではメリットもあるという考え方をしているのではないでしょうか。

運営者側が提供する情報が、ユーザーが求めていた情報と一致すると、ポップアップは機能を迷惑だと感じることはない、これは互いにメリットといえるでしょう。

そして情報が必要のない場合、またはユーザーに適した内容ではない場合

  • 簡単にユーザーが閉じることのできるポップアップ
    ユーザーが快適にコンテンツにアクセスできるポップアップ

この程度であれば、Googleもポップアップに対して完全NGとはしていないようです。

とはいえ、やはり運営者側も、コンバーション(顧客転換)率向上の目的のみで、闇雲に一方的なポップアップ表示は控えたほうがいいでしょう。

これは、BiNDup(バインドアップ)でも、ホームページにポップアップ機能を簡単に設置できるけれど、やり過ぎないよう注意を促しています。

ポップアップ機能をうまく活用するには、過度な表示にならないように、ほどよい絶妙なタイミングで表示されるポップアップを心がけることが大切ですね。

ホームページ制作でポップアップ機能を採り入れるかどうかは、メリット、デメリットを踏まえた上で設置するようにしましょう。

ホームページ制作についてのまとめ

ホームページ制作について、初めての方目線でまとめて参りましたがいかがでしたでしょうか。

ホームページ制作については、目的により作成方法や種類に違いがあり、依頼する先も、ホームページ制作会社するか、フリーランスのWebプログラマー、デザイナーを選ぶかなどにより様々です。

ホームページ制作費用が高いから上質なホームページができるとか、格安だから粗悪なホームページになるという概念は持つべきではないのかもしれません。

低料金でもサービスが充実していて、Webサイトに精通した人が、ホームページ制作を手掛けてくれるところもありますし、完成度も高く、納得のいくホームページを制作してくれる会社もあるからです。

とはいえ、ホームページ制作会社を選び、依頼する際、あなた側でも慎重に施策を講じること、申し込み前に、ホームページ制作にまつわる情報をチェックし、ある程度の知識を身につけておくことが大切です。

「分からない」「面倒くさい」と思い、ホームページ制作会社に丸投げはとても危険です。

ホームページ制作の担当者に言われるがまま契約してしまうと、あなたの目的に沿っていないホームページが納品されるかもしれません。

ですので、ホームページ制作会社に、見積もりや申し込み前のチェック項目はメモに残し、準備しておくと良いでしょう。

ホームページ制作準備、楽しくワクワクしながら進めてみてくださいね。

長くなってしまいましたが、最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。