この記事の所要時間: 135

Windows7で、デスクトップの残像が残る、消せない現象を再起動せずに消す方法のメモ。

–スポンサーリンク–

残像が残る、消せない現象が起きた経緯

残像が残る、消せない現象が起きた経緯としては、これまで右クリックした時など、
Windows7のデスクトップで、残像が残るという消えない現象がたまに起こっていた。

最前面にあるので、作業の集中の邪魔になるだけではなく、
再起動が面倒なので、気にしないようにしても、キャプチャーを取るときはどうしようもない。

そこで、再起動せずに消す方法を見つけたので、
またこの現象が生じた時のためにメモ。

--スポンサーリンク--

①デスクトップの何もないところで右クリック
②メニューから「画面の解像度」をクリック
③「解像度」のつまみをドラッグして適当なものに変更
④「適用」ボタンをクリック
⑤ディスプレイ設定のメニューから「元に戻す」をクリック
⑥「キャンセル」をクリックしてメニューを閉じる

これで消すことができた。

とはいえ、これでは根本的な解決にはならないらしい。

Windows7左下の「スタート」→「コンピュー夕」で小窓が開くので、
メニューの「システムのプロパティ」をクリック

左メニューの「システムの詳細設定」で小窓が開くので、
パフォーマンスの設定をクリック

・メニューをフェードまたはスライドして表示する
・メニュー項目をクリック後にフェードアウトする

を外すことで改善されるかもしれません。

参考させていただいたサイト様

右クリックなどでメニューを選択後にメニューの一部が表示され続ける現象の治し方です。

引用元: Windows7でデスクトップの残像を再起動せずに消す方法|iRabbit-Konatsu & Koharu.

著者情報

山田招憲
Wordpressを使ったSEOからの集客を含むアクセスアップサポートを行っています
(検証サイト3000サイト以上)
詳しいプロフィールはメルマガ内で…