この記事の所要時間: 545

収1000万円は求人でも十分可能です。
ここでは実際に年収1000万円の求人が集まる場所から受かる方法まで
具体的に解説してまいります。

年収1000万円は可能です

年収1000万円以上の求人案内~あなたにも年収1000万円の求人が‥

年年1000万円と聞いてどう思われましたか?
もしかすると「年収1000万円なんて簡単ではない」との印象があるかもしれません。

しかし年収1000万円は実は十分可能です。

なぜなら、次の2つの違いだけだからです。
・そのやり方を知っているか?あるいは知らないか?
・それを知っているだけか?あるいは実行するか?

この違いだけです。

それでもまだ疑いがあるなら‥
年収1000万円以上だけではなく年収2000万円以上の経営幹部への道の求人もある
その場所をご紹介しておきます。

年収1000万円以上の求人が集まる場所とは?年収1000万円の求人情報

年収1000万円以上の求人が集まる場所と聞いて、怯む必要は全くありません。

なぜなら大手の企業では日夜優秀な人材を探しているからです。
あとはあなた自身がその資格は十分にある、との自信をもって登録するだけです。

ここで年収1000万円の求人が集まっている求人サイトをご紹介しておきましょう。
⇒年収1000万円以上の求人が5000件以上
東証一部上場企業からベンチャー企業まで、5,500社※を超える企業がビズリーチで採用活動を行っています。(※累計)

年収1000万円の求人を獲得する具体的な方法

なたは、年収1000 万円以上の求人が集まる場所を知りました。
あとは行動を起こすだけです。

とはいえ、いきなりですと自信が出てこないかもしれません。

もしかするとあなたの頭にこんな言葉が浮かぶかもしれませんね。
「わたしはこれまで特に資格や特別な経験をしてきたわけではないし‥」

ご安心ください。

ここでほとんどの企業や社長に共通する人材を選択する基準を付けくわえておきましょう。

年収1000万円以上の求人に受かる条件とは?

この年収1000万円の求人に受かる条件は、年収1000万円以上でも年収2000万円以上でも関係ありません。
企業の大きさも無関係です。

「わたしはお客様を喜ばせることができます」
これだけです。
あっさりと答えを聞いてみて
こんな当たり前のことなの?
とあっけにとられ信じられないと思います。

具体的にはこのようなことです。

私は何でもします。
私はサービス精神をもっています。
わたしはお客様を喜ばせるために精一杯の努力をします。
わたしには、技術や教育、資格、そして経験もありません。
が、わたしはお客様を喜ばせるために精一杯頑張りますので仕事はありませんでしょうか?

85%以上の会社の社長は、これだけでその人を雇うという統計も出ているのです。
このことについての詳しくはこちらに書きましたのでご参考ください。
⇒成功法則3-年収8億円のパターン

この基本的なことを踏まえた上で、技術的なことや経験は後からついてくるものです。
まずはこの事実だけでも理解しておきましょう。

それでは最後に、もっと具体的な経歴書の書き方を添えておきます。

--スポンサーリンク--

月収1000万円以上の求人へ受かるためのレジュメ(職務経歴書)の書き方

月収1000万円以上の求人へ受かるための職務経歴書の書き方については、
実際に月収1000万円以上の求人サイトから出ているものが確かだと思いますので、
こちらへ添えておくことにしました。

レジュメの書き方にはいわゆる「正解」はないため、人によって様々なフォーマットが
存在します。

そこでビズリーチでは、なるべく少ない労力で最適なレジュメを作成いただけるよう、
アメリカでスタンダードとなっているレジュメライティング技法を取り入れた、
「レジュメビルダー」というレジュメ作成ツールをご提供しております。

▼レジュメビルダーはこちら
http://www.bizreach.jp/resume/builder/

さらに、レジュメの役割をきちんと認識しておくことで、効率的かつ効果的な
レジュメを作成できるようになります。

レジュメには、大きくわけて2つの役割があります。

(1) 書類選考で「そのポジションに適切な能力や経験を持っている」ことを証明すること

転職活動における第一の関門が、書類選考です。

人気のポジションであれば、1000枚以上のレジュメが殺到することもあります。

必然的に、ヘッドハンターや採用担当者は短くて数十秒、長くても数分程度で判断を
下すことになります。

多くのライバルとの競争に勝つために、「自分がそのポジションに適切な能力や経験を
持っている」ということを証明することにフォーカスし、冗長な文章やポジションとは無関係な
内容はなるべく削り落としましょう。

(2) 面接の内容をよりコントロールすること

「レジュメによって面接をよりコントロールする」ということを、意識していない方も
多いかもしれません。

面接官は皆様のレジュメを読んだ上で、皆様に対して仮説や疑問を持って面接に臨みます。

例)
・このプロジェクトを成功に導いた要因は一体何か?
・大幅なキャリアチェンジをしているが、その理由は一体何か?
・この経験であればこのような分野でも結果を出せるのではないか?

これらの仮説や疑問は、レジュメの設計の仕方次第で、よりコントロールできる可能性が
高まります。

例)
・不必要な疑問を抱かせてしまう部分は思い切って捨てる
・一貫したストーリーで「このポジションに自分が相応しい理由」を説く
・採用者が求めているであろうスキルや経験に近しいキャリアを重点的に書く

読み手の頭の中を先読みし、そこから逆算して作成することを意識してみましょう。

上記の役割を意識して、ぜひレジュメの見直しを行ってみてはいかがでしょうか。

▼レジュメビルダーはこちら
http://www.bizreach.jp/resume/builder/

このように具体的なアドバイスもいただけるので、安心して月収1000万円を掴み取ってくださいね。

会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』って??

会員数8万名以上、日本最大級のハイクラス転職サイト「ビズリーチ」とは、
2009年のサービス開始以来、テレビ・新聞・雑誌など多くのメディアで紹介され
現在会員数80,000名以上、掲載求人数5,900件以上ヘッドハンター520名以上の
日本最大級の管理職向け転職サイトです。

今、最も注目されている管理職向け転職サイト「ビズリーチ」を
是非あなたににご紹介いただければと思います。
⇒年収1000万円以上の求人が5000件以上

東証一部上場企業からベンチャー企業まで、5,500社※を超える企業がビズリーチで採用活動を行っています。(※累計)